雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 1082 )

今週の雑感―GW 2017

今年のGWのお出かけをちょこっと記録。
昨年の過ごし方と大差ないのが笑えます。

まずはこれ。ポッポ牛乳のソフトアンドヨーグル。
安定の美味しさですよ。ソフトクリームの下の、ジャージー牛乳のヨーグルトが濃厚ですごく合う。
冷たいアイスとヨーグルトの温度差もいいのです。

b0180494_22365088.jpg




そして向かったのが小淵沢の、おもだか屋
ここも毎年GWに行く場所になりました。
おや?にゃんこがいるぞ。

b0180494_22365059.jpg



のんちゃん、そっくり~!



b0180494_22365018.jpg



等身大のフクちゃんの置物があったら、いいのになぁと思っちゃいましたね。
ここでの自分へのお土産はこの手ぬぐい。
真ん中の猫、のんちゃんが眉間に皺を寄せた顔にそっくりなんだもの!(笑)
b0180494_22365118.jpg




そして、山菜の天ぷらを食べたり、

b0180494_22365036.jpg




長門牧場にも立ち寄って、アルパカに見守られながらまたソフトクリームを食べたりして
帰路に付きました。

b0180494_22364967.jpg



途中の風景。
標高約1800m。

b0180494_22364939.jpg


b0180494_22365170.jpg




自宅のトイレの窓から見える蓼科山を越えて帰って来たのだと思うと、
その移動距離、移動の高低差(我が家は標高650ⅿくらいかな?)に感動します。
車が無くて歩いたとしたら、一体何日かかる距離なんだろう?


*****


職場の近くを歩いていたら、営業中の旗がはためいていました。
しかし、いったい何を営業しているのか、さっぱり分かりませんでした。


b0180494_22561331.jpg


暇にまかせて、インスタなるものに手を出してみました。
使い方がよく分からないながらも、写真をアップロードすると・・・
速攻「いいね♡」ってつく時があって、ビビります。
世界中に暇な人がいるんだわ!
ブラジルの人とか・・・地球の裏側からフクちゃんを見てくれたと思うとちょっと嬉しい。


*****


今日でGWも終わり。のんちゃんメイちゃんと、ダラダラ過ごそうと思います。
あぁ。仕事が忙しい6・7月がやって来るなぁ。
でもそれを乗り越えたら夏休みだからな!頑張ろう。
GW明けの月曜日、新人さんがみんな出勤してきますように(笑)





[PR]
by pinochiko | 2017-05-07 07:58 | 日記 | Comments(18)

今週の雑感

何度見ても笑っちゃう写真シリーズ~。

b0180494_20385386.jpg

まだ小さい頃ののんちゃん。
もうこの頃から人間にしか見えない・・・。


*****


プレミアムフライデーだったんですってね、4月28日。
・・・だから何なんだ?って感じですね。
いつも通りの時間に退社するとき、「プレミアムなフライデーを~!」なんて冗談でみんな言ってました。
完全にギャグ扱いです。


この春から中途入社した男性のお母様が、48歳だって・・・。
なかなかの衝撃。
甲子園球児のお兄さんが年下になり、プロ野球選手が年下になり、
学校の先生が年下になり・・・ついに同僚の親御さんが年下になるときも来るのか。


お気に入りのレストラン「グースケ」で一人ランチ。
仔羊のロースト。
始めに出てきたサラダも、付け合わせのソースも、山菜をたくさん使っていて新鮮。
苦みが春らしい、独特の美味しさでしたよ。
仔羊は大好きなのですが、羊のあの可愛い顔が思い出されて、最近は全然食べていませんでした。
久しぶりに食べたら・・・やっぱり美味しい。
懺悔しないとな。


b0180494_21594502.jpg


北朝鮮の弾道ミサイル発射で地下鉄がストップしたというニュースに驚きました。
もしその時地下鉄に乗っていたら、ものすごい恐怖を感じたと思います。
すわ!WWⅢなのか!?ってね。
北朝鮮とアメリカの動向はよく見ていないと怖いですね。
軍の動きもあるみたいだし・・・。


のんちゃんが水を飲む量が増えた気がしたので病院へいったら、
おしっこを採取して病院へ持って来てくださいということになったのですが。
あれからのんちゃんがおしっこする現場を押さえられないのです!
水を飲む量も落ち着いてきているし、一時的なものだったのか?
のんちゃん、おしっこ採られるって分かってるのか?また病院だ!って警戒してるのか?


宅配便の午前中指定のものって、家ではだいたい11時半くらいに持ってこられるのです。
もうお昼だよ!といいたい。しょうがないか・・・。
それにしても、こちら長野を午後1時くらいに荷物を出して、東京はもちろん京都まで、
翌日の午前中の配達指定ができるのが信じられないです。びっくりする速さですね。


長野もようやく春です。
短い春を楽しみたいと思いますよ。





[PR]
by pinochiko | 2017-04-30 09:32 | 日記 | Comments(22)

今週の雑感

まだのんちゃんが小さい頃。
フク兄ちゃんに付いて回って、真似してたなぁ。

b0180494_21292161.jpg


b0180494_21292100.jpg



そんなフクちゃんに素敵な贈り物がありました。
レモン。
フクちゃんの味、レモンケーキにちなんで。
ふうさん、お心遣いを本当にありがとうございます。
レモンケーキを見たら、フクちゃんのこと、思い出してくれるかな?


b0180494_21160348.jpg

うちには猫トイレが3か所あるのですが、フクちゃんがメインで使っていたトイレは、
今はあまり使われていません。
仕事から帰ってきて、まずはトイレ掃除。
そのトイレにおしっこの塊が無いのが、とっても寂しい。


毎週土曜日の午前中は、フクちゃんと病院に行っていたのに、
それもなくなって、週末が長く感じられます。
土曜日は母を病院に連れて行っていましたが、母が亡くなってからはフクちゃんの病院で。
土曜日って何したらいいんだ?


*****


のんちゃんが水を飲む量が増えた気がするのですよね。
病院に行くべきか。どれくらい飲んでいるのか、計った方がいいかな。
おしっこはとくに変わった様子は無いけれど・・・。


羽生結弦選手は歯がきれいですねぇ。
スポーツ選手は歯が丈夫じゃないと力もでないでしょうから、いいことですね。
テレビのアップにも耐えられる美しい歯。羨ましいですねぇ。
私が子供のころは、外国人が歯の矯正をしているのを海外のドラマなんかで見て、
へぇ、こんなことするのか、なんて思ったものです。
今は日本の小学生や中学生も歯の矯正をするのが当たり前になってきているようですね。


わざわざお花見というのはしませんでしたが、通勤途中や職場の桜は堪能しました。
地元民だけが毎日見る、美しい桜のスポットってありますよね。
ここ、毎年見事なのです。木造校舎と桜。風情があります。
もう桜も終わり。なのに、まだ寒い信州です。
コタツをまだ使っていますよ。のんちゃんもコタツに入って寝ています。


この夏、またボランティアでコロラドに行くのですが、
前回は2015年8月でした。)この世界情勢の中、大丈夫かしら?と若干心配になります。
アメリカ本土の一般の人にとったら、極東でのいざこざなんて、なんの関係もないのかな?


はちみつを食べされられていた乳児が死亡した事件、衝撃でしたね。
赤ちゃんにはちみつはダメってこと、当たり前のこととして知っていますが、
何処で知ったのか自分でも謎です。
確かに、はちみつのボトルには、1歳未満には与えるなと書いてありますけどね。
子どもを産んだおかあさんにはそういう保健指導があるのかしら?


しましま倶楽部活動をしましたよ~。
宮崎牛~!!ニャンえもんさんからのお恵み。ありがたやありがたや。
や、柔らけ~!ってね、おとうさんと唸りました。

b0180494_21161745.jpg

夏野菜が出てきたら、しましま倶楽部はオンシーズンですね。
しまっていこう!!












[PR]
by pinochiko | 2017-04-24 07:22 | 日記 | Comments(40)
昨日の記事にもたくさんのコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。
それぞれにお返事差し上げるべきところですが、どうにもお返事できないことを
今日までどうかご容赦ください。
すべてのコメントをじっくり読ませていただいております。
そして感動しております。

みなさんありがとう!

b0180494_13411576.jpg
※2011年春。この猫ちゃんをうちで飼おう!と夫が携帯に送ってきた写真。 
おとうさんもおかあさんも一目惚れでした!


*****

4月2日日曜日。

朝から素晴らしいお天気。
ベッドに寝かせたフクちゃんをいつもの場所で日向ぼっこさせる間、
夫と段取りの確認。
お花屋さんに行って、花岡でお菓子を買って、夫の会社にちょっと寄って、
動物病院に行って先生にご挨拶して。そして3時から火葬。
自宅で火葬してくれるサービスを申し込んだのですが、
母の時のように「無くなって24時間以上たたないと火葬できない」なんてことは
言われませんでした。

お花屋さんで、亡くなった猫のベッドに飾るので茎を短くして欲しいと
伝える声が震えてしまいました。
黄色とピンクのお花を多くしてもらいました。うん、フクちゃんにはデイジーがとっても似合う。

花岡では檸檬ケーキを買い求めました。
フクちゃんが去年の夏に手術をした後も、この檸檬ケーキを持って病院へご挨拶に行ったのでした。
この甘酸っぱい味はフクちゃんの味。
今回も絶対に檸檬ケーキを先生に差し上げたかったのです。

病院に着いたとき、ちょうど患者さんの波が途切れたようで、
先生も奥さんもわざわざ出てきてフクちゃんとお別れをしてくださいました。
お正月も迎えられないかも、なんて言っていたフクちゃんと、
最高に素晴らしいお正月休みを過ごすことができたのは先生たちのおかげです。
本当にありがとうございました。


b0180494_12432642.jpg


おうちに帰って、いつもの場所で日向ぼっこ。
メイちゃん、おにいちゃんとお別れだよ。

b0180494_12435638.jpg


のんちゃんも、お別れできるかな?

b0180494_12444152.jpg


最後のスリーショット。

b0180494_12454185.jpg


おとうさんとおかあさんとフクちゃん。
これも最後のスリーショット。

b0180494_12461176.jpg


不思議なことに、亡くなったフクちゃんは、毛つやが美しく、
お漏らしして汚れた足もなんだか綺麗になっていました。
綺麗に洗ってあげたほうがいいかな、なんて思っていたのに、そんな必要ないくらいに
自分自身で綺麗になっていたのです。本当に不思議です。


火葬までの数時間、いつもの窓辺に置いてあげました。
いつもの窓辺もなんだか違う雰囲気に見えますね。
フクちゃん、よくここでおかあさんの上に乗ってブラッシングしたよね。
ここからの眺めはフクちゃんと一緒に見た景色だね。

b0180494_12464181.jpg



火葬の際には、フクちゃんをお花で飾って、大好きなカツオと、
おとうさんとおかあさんからのお手紙を添えて送り出しました。
火が付いた時には号泣せずにはいられませんでした。
本当に本当にフクちゃんがいなくなっちゃうのですから。
しかし、自宅の庭で火葬ができて、本当に良かったです。
この場所からフクちゃんは空に昇って行ったのですから、安心して行けたのではないかな。


いつもお散歩のときに見上げていたこの空に。

b0180494_12471284.jpg
※黒い車が、火葬をしてくれる車です。屋根の上に穴が開いていて、
そこから熱が外へ出ていきます。この穴からフクちゃんも昇って行ったかな。


1時間半くらい待つ間、空を見上げながら、フクちゃんの檸檬ケーキを食べました。
玄関から出てこの空を見上げるたび、花岡の檸檬ケーキを食べるたびに、
私はフクちゃんを想うことになるでしょう。

b0180494_12474156.jpg


フクちゃんのお骨はなかなかしっかりしたものに見えました。
手足の長いフクちゃんでしたからねぇ。
見慣れない骨の中に、見慣れた形の歯を見たときは、愛おしくさえ感じました。


その日の夕日がとても神々しくて、なんだかフクちゃんからの挨拶みたいに思えましたよ。
ばいばい、またね~!ってね。


b0180494_12492953.jpg



*****


翌日以降、フクちゃん宛にお花が届きました。フクちゃんはなんて幸せな猫でしょう。
お気遣いいただいたみなさんには心より感謝申し上げます。

b0180494_12495863.jpg



メイちゃんは、もう大丈夫。
ちゃんとフクちゃんの死を理解しているようです。
もしかして死に向き合うのは初めてでは無いのかもしれません。そんな気がしました。
一体メイちゃんはどんな過去を背負っているのか。

b0180494_12502918.jpg



のんちゃんは、より一層の甘えん坊になりました。
フク兄ちゃんがいないことが理解できていないのかもしれません。
無邪気で天真爛漫なのんちゃんに早く戻れますように。


b0180494_12505986.jpg



まだ桜は咲きませんが、庭の草はだいぶ青々としてきました。
草が大好きだったフクちゃん。
フクちゃんと春の庭を散歩したかったなぁ。
庭のハナミズキを一緒に見たかったなぁ。
4月29日の誕生日までもう少しだったのにね。
もう少しで6歳だったのにね。


これからもジワジワと悲しい思いが襲ってくることもあるのでしょう。
でも、のんちゃんとメイちゃんのためにもおかあさん、元気にならないとね。
これからも皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさんのおうちの猫ちゃん達も元気で幸せに暮らせますように!


この2日間、長々とお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。







[PR]
by pinochiko | 2017-04-10 07:29 | 日記 | Comments(32)
フクちゃんが居なくなって1週間が過ぎました。
なんてあっという間に時は過ぎていくのでしょう。
この間に、本当にたくさんのコメントを頂きまして、心よりお礼申し上げます。
初めましての方もいらっしゃって、フクちゃんがこんなにも愛されていたのだと、嬉しく思います。
頂いたコメントを読むたびに涙が止まりません。
お返事も出来ずに大変申し訳ございません。
皆さんの温かなお言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。

まだコタツの中にいるんじゃないか?なんて思ったり。
帰宅して一番にフクちゃんにご飯をあげなきゃと思ったり。
これからもずっとこうしてフクちゃんの存在を感じながら暮らしていくのかなと思います。

記憶が風化する前に、フクちゃんと過ごした最後の日のことを書き記しておこうと思います。
長くなります、きっと。

*****

4月1日土曜日。

病院に行く日でした。
数日前からおしっこが黄色くなっているのが気になるところでした。
先生に言わなきゃね。ごはんを自分の意志ではほとんど食べないってことも言わなきゃね。
なんて思っていました。

仕事に出かける前のおとうさんに無理やりごはんを嘗めさせられるフクちゃん。


b0180494_16224666.jpg



たべさせられた~。

b0180494_16224704.jpg

いやだ。

b0180494_16224756.jpg



いや~~!

b0180494_16224774.jpg



もういらないの~!

b0180494_16224669.jpg



この後すぐにおかあさんと病院へ行きました。
車中ではずっとキャリーに入ったままで、いつになく元気のない様子でした。
外の様子を気にする素振りもありませんでした。
体重は2.8㎏ 過去最も軽い体重です。そりゃ、食べないもんねぇ。
おしっこが黄色いことも伝えました。
なぜか腫瘍はほとんど無いくらいに小さくなっているとのことでしたが、
「覚悟しておいてください」と言われました。
4月29日の誕生日までも厳しいかもという先生の雰囲気に、愕然としました。
泣きそうでしたが、いつものように点滴と注射をしてもらって、
受付のお姉さんには「また来週きます」と言って帰宅しました。

家に着いたら、フクちゃんが外に行きたいと言うので、玄関を開けてあげました。
スタスタと出ていったのですが、前日の雪がまだ少し残っていたので
玄関前に戻ってきてしばらくうずくまっていました。

くさのうえにいけなくてざんねんだなー。

b0180494_16233215.jpg


3月18日に同じ場所で撮った写真があります。
明らかに様子が違いますね。

b0180494_16233207.jpg



お家に戻ってからも、元気がない様子。

ふくにいちゃん、どうしたの。

b0180494_16243660.jpg


ぐあいわるいの?

b0180494_16243650.jpg


わ!ごめん!

b0180494_16243647.jpg


お昼頃はまだこうしてのんちゃんに「しゃー」っていう元気はあったのです。
しかしその後、コタツの中ではこんな風。


b0180494_16254423.jpg



フクちゃん、大丈夫?

b0180494_16254479.jpg



こたつから出てくることもありました。
美しい後姿に感動。

b0180494_16251698.jpg



フクちゃん、かっこいいね。

b0180494_16251631.jpg



完璧な後頭部。アトム頭。

b0180494_16251687.jpg



夕方になってくると、具合が良くないんだろうなと明らかに分かりました。
こたつから半身出してぐったり。

b0180494_16261674.jpg


ふくにいちゃん、どうしたかな。

b0180494_16261984.jpg



しんどいの?

b0180494_16262328.jpg



ふくにいちゃん、どうしたのかしら?

b0180494_16262912.jpg



ねぇねぇ、だいじょうぶ?

b0180494_16262942.jpg



実はこの時、フクちゃんはこたつの中でおしっこをしていました。
もうトイレに行く力もなかったのでしょう。
前日にはトイレ近くでお漏らししていたのですが、
なんとか頑張ってトイレまで歩いて行ったけど、
ギリギリ間に合わなくてお漏らししちゃったのかと思うと泣けてきます。
頑張ったんだねぇ、フクちゃん。

おしっこ臭いけれど、フクちゃんを膝に抱いたおかあさんは動く気にもなれませんでした。
ブランケットにくるんだフクちゃんを膝にのせて、ずっと見つめていました。

フクちゃん、可愛いねぇ~。いい子だねぇ。
うちの子になってくれて本当にありがとうねぇ。


b0180494_16272264.jpg


夕方5時過ぎに、尻尾がボワッと膨らむような激しい痙攣がありました。
苦しそうな顔のフクちゃん。
怖くて怖くて、フクちゃん!フクちゃん!と言いながらギュっと抱きしめていました。
フクちゃんが死んじゃう、と本当に怖かったです。
痙攣が収まって、また呼吸を確認したときの安堵感といったら!
しかしこの時、おかあさんは覚悟をしました。
おとうさんに早く帰ってくるように連絡したのもこの時です。


痙攣の後は、きっともう意識はほとんどなかったのではないかと思います。
耳を触ってもピクリともしないし、目の前で手をひらひらさせても目が動かない。
口にシリンジをあてても全然嫌がらない。
ただ、時々動かす後ろ足と、呼吸に合わせて上下する胸の動きだけが、
フクちゃんがまだ生きている証拠でした。


おとうさんが帰ってきてから、その晩はフクちゃんとこたつで添い寝することにしました。
おとうさんもおかあさんももう眠りに落ちてしまいそうな深夜1時10分、
フクちゃんは虹の橋の袂へ旅立ちました。
おとうさんとおかあさんに見守られながら。
生き物の命が尽きる瞬間を目の当たりにしたのは、実は初めてでした。
この時の感覚は何とも言葉にしにくいものです。
やだー!行かないでー!と思いながらも、苦しまないで!と思ったり・・・。
最後はもがくような仕草もありましたが、
フクちゃんはきれいに、最後までカッコよく私たちのもとを去っていきました。


おとうさんが帰ってくるのを待ってくれてありがとう、フクちゃん。
それにしてもなんでこの日だったのか。
年度末と年度初めの合間のお休みの日。
おかあさんは、フクちゃんのために有給休暇を消費する気満々だったのに。
全然迷惑かけないでいっちゃうなんて。


フクちゃんを猫ベッドにきれいに寝かせて、おとうさんはその猫ベッドと一緒にお布団に入りました。
全然眠れなかったことでしょう。
のんちゃんとメイちゃんはいつもどおりおかあさんのお布団に入っていました。
ふたりともまだフクちゃんがいなくなったことは分かっていなかったと思います。


翌朝、外は素晴らしいお天気でした。
フクちゃんの旅立ちにふさわしい青空が広がっていました。


【つづく】
















[PR]
by pinochiko | 2017-04-09 07:29 | 日記 | Comments(22)

今週の雑感

何度見ても笑っちゃう写真シリーズ~。

b0180494_20044346.jpg


小さくせに、強気ののんちゃん(笑)


*****

昨日の土曜日はおかあさんが出勤だったので、金曜日にお仕事がお休みだったおとうさんが
フクちゃんを病院に連れて行ってくれました。
体重3.15㎏ ずいぶん軽くなりました。
シリンジでa/d缶を強制的に与えたりもしますが、自らご飯を食べたい素振りも見せます。
ほんのひと口だけ食べて終了ってことがほとんどですけど。
踏ん張れ、フクちゃん!
今日は、すごい雪が降っていて、残念ながらお散歩は無理そうです。


職場の私のPCのデスクトップ、こんな風になっています。

b0180494_20104791.jpg

これを見た人が「すっごい可愛い!」と言ってくれて、おかあさん大得意。
息子が褒められると嬉しいもんですね。ふふふ。
来年度もデスクを猫に囲まれた癒し空間にしたいと思います。



黒ちゃんの話。
軽井沢のホテルで働いていた時、黒ちゃんと呼ばれる男性が同僚にいました。
私より2,3歳年上でしたが、後輩でした。
仕事の覚えが悪く、何度言っても同じ間違いをするし、効率があがらない。
一生懸命なんだけど、忙しい時には周りのみんなはイライラさせられました。
上司に辛い言葉を投げられても、黒ちゃんは怒ることもなく、受け入れていました。
一緒に働いたのは1年程度で、私は退職し、今の職場に移りました。
そして分かったのです。
黒ちゃんには軽度の発達障害があったんだと。
今の職場では、発達障害の症状を持った人と接する機会あり、
これは私の人生で初めての経験でした。
もしもっと早く、発達障害について理解する機会が私にあれば、
黒ちゃんへの私の対応も違っていたと思います。

そんな黒ちゃんが胃がんで亡くなったと知りました。
家でひとり倒れていたのを救急車で搬送されたのですが、
もう手遅れだったそうです。
仕事もしておらず、健康保険にも入っていなかったとか。
とっくにご両親は他界されていたはずなので、
施設に入所している妹さんが残されたことになります。
一生懸命生きていた黒ちゃん、何にも悪いことしてないのに。

自閉症の新キャラクターが「セサミストリート」に登場するというニュースを見ました。
これはとても重要な教育だと思います。
日本の小学校などでも、自分と違う人と共存していくことの
大切さを知る機会があればいいのになぁと思います。

バレンタインデーに、彼女のいない黒ちゃんに、手作りのチョコレートタルトを
おすそ分けした時の、彼の照れと嬉しさの混じった笑顔は今でも覚えています。
喜ばれすぎて、ただのおすそ分けだったのが申し訳なく思えました。
黒ちゃんのことは、これからも折に触れて思い出す気がします。



イースターまでも祝わせようとする日本の企業戦略に嫌気がさします。
神道と仏教に加えて、キリスト教までごちゃまぜにして・・・。
柔軟性がありすぎですね、日本人。
ハロウィーンにも私はまだ違和感を覚えますが、あれはコスチュームパーティだと
信じ込めばなんとか乗り越えられる(笑)
でもイースターは・・・。私にはハードルが高いなぁ。



就職して、初めて職場に行くとき、お菓子などを持参しますか?
長野に来るまで、そんな人を見たことが無かったのです。
今は退職する人、新しく入る人がみんなお菓子を配るもんだから、
デスクの引き出しはお菓子でパンパンです。



わわわ!
たった今、おっさん3人が窓のすぐ前を歩いています。
勝手にうちの敷地に入ってますよ。怖いですねぇ。
田舎のおっさんは、他人の敷地に平気で入ってきますねぇ。
隣のため池の管理をしている人たちでしょうけど、気持ちが悪いなぁ。
市役所にクレーム言っちゃおうかなぁ。



来週はいよいよ、年度末。
書類の締め切りが目白押しです。頑張るぞ~!










[PR]
by pinochiko | 2017-03-26 08:54 | 日記 | Comments(18)

今週の雑感

何度見ても笑っちゃう写真シリーズ~!


b0180494_20285927.jpg



のんちゃん、宇宙人なのか(笑)


******


先週末、軽井沢の、熊野皇大神社へ御朱印をいただきに行ってきました。
いいお天気で気分もいい。
ドラマ「カルテット」で出てきた湯川ダムを通り過ぎて行きます。

b0180494_20275965.jpg



熊野皇大神社の手水舎。

b0180494_20280963.jpg



そうだよね、凍るよね。

b0180494_20281025.jpg



この神社は、長野県と群馬県の県境にあるのです。
長野県の熊野皇大神社と、群馬県の熊野神社がならんであるので、それぞれにお参りします。

b0180494_20281316.jpg



奥社まで徒歩10分とあったので、行ってみるかと山に登ったら、こんな素敵な雑木林でした。
小さな道案内があるのですが、迷ったら帰ってこれないかも。
聞こえるのは、鳥の声。そして落ち葉を踏みしめる自分の足音と、あがる息づかい。
熊がいないかあたりに気を配りながら奥社まで登っていきました。
帰りの下り道では、落ち葉の下に氷が隠れているところを踏んでしまって、
見事に転んでしまいましたが、怪我をしなくて良かった。

b0180494_20281796.jpg



帰りに見た浅間山。

b0180494_20274943.jpg


それにしても軽井沢、すごい人出でした。
車で通ろうと思った道が、観光客がワーって横に広がって歩いているので、別の道を通ったりして。
アジア各地からの観光客が多いらしいですね。
ホテルも続々と新しくオープンしていて、どんどん木が伐採されているようです。
緑も減って、人込みもすごくて、夏場の渋滞も酷い・・・。軽井沢、大丈夫かしら?


3月は別れの季節。
職場でも結構な人数が退職します。
寿やらオメデタが理由の人もいれば、転職するためという人もいます。
同期の子が辞めていくのがとっても残念。ま、辞めたくなる気持ちもわかるけどねぇ。
会者定離、だなぁ。


なんて思っていたら、10年ほど前に同じ職場で働いていた人とランチにいく機会がありました。
10年たってもお互いあんまり変わってなくて、嬉しかった!
もしすごく老けていたらどうしよう?なんて思ってたので(笑)
向こうは私のことを、老けたなぁって思ったかもしれないけどねぇ。
彼はとあるホテルで料理長をしています。
これからのシーズン、無茶苦茶忙しいのですよね。人間らしい生活がしたい、って言ってました。


その職場で一緒だった別の男性、今どうしてるかと思ったら、
ヨーロッパのとある都市で札幌ラーメン店を営んでいました。
スケールのデカい人だったけど、やっぱりすごかった。
トリップアドバイザーでも評判がいいようだし、頑張って欲しいなぁ。


フクちゃん、体重3.3kgでした。食べないもんねぇ、痩せるよねぇ。
それでも外に行きたがるし、動きはあります。どこにそんな体力が残ってるんだろう。
これを書いている今は、私のお膝に乗って寝ていますよ。
フクちゃんがコタツから出てきて、おとうさんを乗り越えて、
おかあさんのお膝に来た時の嬉しさと言ったら!(笑)
おとうさんはジェラシー感じてるでしょうけど・・・
ふふふ、フクちゃんとおかあさんは一緒に病院ドライブする仲だもんね~。







[PR]
by pinochiko | 2017-03-20 08:00 | 日記 | Comments(26)

今週の雑感

何度見ても笑っちゃうシリーズ~。

b0180494_20352427.jpg


ぶはははは!この顔!
お風呂から出たら、この状態ののんちゃんが転がっていたのでした。


フクちゃんの食欲がガクンと落ちて、お鼻もフガフガいうので木曜日に病院に連れて行きました。
体重がかなり減っていて、風邪っぽくもあるので、
今週末土曜日に予定していた2回目の抗がん剤治療は見送ることにしました。


そして土曜日に病院へ行く車内。おとなしく日向ぼっこ。
病院に行くのもドライブ気分?


b0180494_20344256.jpg



体重がまた少し減っていました。
そりゃ、食べないものね。抗がん剤治療って本当に辛いです。
でも、腫瘍は少し小さくなっているそうです。やった!
体重が回復したらまた治療再開かな?
ビタミンCの点滴をして、はい、帰るよ~と診察台の上にキャリーを乗せたら、
自分でいそいそと入って、香箱座り。なんだか泣き笑いしそうでした。
いい子過ぎるよ、フクちゃん。


病院の帰りにコンビニに寄ったら、隣の車に乗っていた女の子が、
車内でうろつくフクちゃんに気づいて、
「見て見て~!かわいい~!ねー、おかーさーん、かわいい~!」って
大声で言うので、ちょっと笑っちゃいました。
けど可愛いって言われて嬉しかったです。ふふ。


病院へ行く途中、すごく大きな白い鳥が10羽ほど青空を横切るように飛んでいきました。
なんの鳥かなぁ、とよ~く見たら、白鳥でした。
ロシア方面へ向けて出発したのかなぁ?
縁起の良い感じがして、嬉しかったです。白鳥が青空に映えてとても美しかったですよ。
そして今朝は、近くの林から鳥の声が賑やかに聞こえています。
メイちゃんも窓際で「ななな」って鳥を見上げて言ってます。
春が来たということなのでしょうか?


少し先輩の同僚に、「最近入社時の自由な感じに戻ってきたね」と言われました。
彼女は私の自由な感じが好きだったのに、
だんだんその良さが消えていて残念に思っていたそうです。
そりゃ、結構辛い職場だもの、私も人の顔色を伺ったりして
自分らしくいられないようになっていきましたよ。
でも入社して8年。ようやく、元の自分に戻れてきたようです。
自分では分からないけど、彼女がそういう風に言ってくれたのがとても嬉しかったです。
そうしたら、入社2年目の同僚が、「8年かかるのか・・・」って暗い顔でつぶやきました。
今まさに、とても辛い状況にあるのだな。
笑わせてあげることくらいしかできないよ。乗り越えてくれ!


去年入社してきた女性に「一緒にテニスして、ストレス発散しましょうよ~」と誘われました。
いいかも!高校時代にテニス部だったそうで、簡単になら教えてくれるというし、
お遊びのテニスなら楽しそうだわ!
私よりも結構年上で、すごい美人。会社からお願いして入社してもらった優秀な女性。
どうやら人生経験豊富そうなので、いろんな話も聞いてみたいし。ふふ。
もう少し暖かくなったら始めてみようかな。安いラケット買おうかな。


卒業式シーズンですね。
高校を卒業したのがもう27年も前だとは!
当時は、東京に出られる、親元を離れられる、新しい出会いがある!
ってわくわくして、未来は良いことばっかりあるような気がしてたなぁ。
なので、高校の卒業式で泣くなんてこと、ちっとも無かったです。
むしろ、嬉しすぎてどうにかなりそうだった。
でも先日(訳あって)参加した高校の卒業式では、ほとんどの高校生が泣いていて、
ちょっとびっくりしました。
きっとすごく真剣に高校生活を送ってきたんだろうな~、と感動しました。


ドラマ「カルテット」に出てくる場所が、知っている場所だとテンション上がりますな。
コンビニは、K市から軽井沢に通勤時していた時によく立ち寄っていた場所。
店内でおにぎりを作っていて、抜群に美味しいのです。
湯川ダムのある道は、今の住所から軽井沢に通勤する時にショートカットとして使っていた道。
あのレタス畑に松たか子さんたちがいたのかと思うと感慨深い。


今週はぼぉちゃんとのお別れがありました。
私がこの猫ブログを始めた頃、頻繁にコメントをくれたのが、ぼうままさんでした。
いつもいただくコメントに励まされて、このブログも続けられたのです。
とても感謝していますよ。
そのぼうままさん一家の主、ぼぉ父さんがこんな急にいなくなってしまうなんて。
ぼうままさんはもちろん、もも母さんのことが心配です・・・。
ぼぉちゃん、みんなのことを見守っていてくださいね。頼みますよ!
















[PR]
by pinochiko | 2017-03-05 09:04 | 日記 | Comments(26)

今週の雑感

昨日はフクちゃんの抗がん剤治療再開の日でした。
いつも土曜日は病院が混んでいるのに、なぜだか待っている人は一人しかいなくて、
妙な感じでした。うっすらとした緊張を感じながら診察の順番を待ちました。
この緊張感ってなんだっけー、と思い出すと、歯医者に行くときとか、
母を病院に送っていくときのものと似てるなぁと。病院にまつわる緊張感なのかな。
人生で一番緊張したのっていつかな?
バレエの発表会で舞台袖から出ていくのを待ってるときとか、
大学入試のときとか、初めてホームステイのお家に行ったときとか、
新しい職場の初日とか・・・。結局一番ってなんだろう?
フクちゃんの手術の時もすごく緊張したなぁ・・・
なんてことをつらつらと考えて待っていました。
診察が終わったら、フクちゃんに念を送ってから先生にお預けして外に出ました。
とても暖かくて、快晴。

夕方のお迎えまでに、御朱印をいただきにいくことにしました。

松本市。
深志神社。

b0180494_09160264.jpg


四柱神社。
鳩除けの金網が手水舎を取り囲んでいます。

b0180494_09161780.jpg



日が良かったのか、どちらでも神前式の結婚式が執り行われていました。
モーニング姿のお父さん、紋付の着物のお母さん。
正しい日本の家族の姿がそこにありました。小津安二郎の世界。
私にはまったく縁のない世界なので、なんだか不思議な感じがしました。
この新郎新婦も、将来自分の子供の結婚式にはモーニングと紋付を着ることが
当たり前のように普通にできるんだろうな。

深志神社では埼玉から来たという女性と一緒に御朱印をいただくのを待ちました。
私は暑くてセーター一枚でしたが、彼女は分厚いコートを着込んで寒そうでした。
私もすっかり長野県の気候に慣れたのだなぁ。
彼女の息子さんが信州大学の受験で、松本に来たのだそう。
そういえば、信大前は道が混んでたなぁと思い当たったのでした。


病院で頑張っているフクちゃんの無事を祈ってから、向かったのはキッチン南海。
えぇ、松本にもあるのですよ。のれん分けなのかな?
神保町で食べた味が忘れられなくて・・・。
しかし・・・うん。あれだな。また神保町に行くよ。絶対(笑)。


3時ごろ、先生から電話があって緊張が走りました。
フクちゃんの抵抗が激しいので鎮静剤を使っていいかという確認でした。
うぅ。フクちゃん、怖いよね。
6時に迎えに行ったとき、フクちゃんの顔をみて泣くかと思った。
意外に元気そうだったから余計に。ホッとしたのかな。
車に乗せて、カツオを出すと、1本あっという間に完食。
その元気がうれしくて。車を走らせている間も、珍しく私の膝に座って、
車窓から外を眺めたりして、もう可愛くてしょうがなかったですよ。
来週も頑張ろうね、フクちゃん!

09344444444 ←フクちゃんがPCに乗った(笑)。何のメッセージだ?
皆さんに応援のお礼かな?


日本文化礼賛みたいなテレビ番組が最近多いなぁと思っていたら、
厚地りジェイソンさんのあの発言。そうだよね~!と同意してたら、
これに不快感を感じた人もいたようで・・・。


森友学園の問題についての安倍首相の答弁、すごくおかしかった。
ろれつが回ってない印象で、あれ、この人途中で倒れるんじゃないか?って思いました。
しかし、政治って、政党同士がいちゃもん付け合って相手をこき下ろすってことなんだなぁと
思わずにはいられません。一党独裁でない以上、こういうものなのでしょうか。
こき下ろしあっている間、世の中の時間が止まらないものか。
じゃないと様々な問題を解決していくのに間に合わないよ。


白鳥がロシアに旅立ったというニュース。これをきくとどうしてもツバメを思い出すのです。
「幸福な王子」に出てきたツバメ。南の国に飛び立てなかったツバメ。
この物語どうしてこんなに残酷なんだろう。子供心にすごくひっかかりを残した物語です。
ツバメに自分の思いばかりぶつけたわがままな王子の自己満足の物語、だとしか思えなかったのです。


あぁ、いい天気だ。さて、来週もがんばるか。





  






[PR]
by pinochiko | 2017-02-26 11:18 | 日記 | Comments(32)

今週の雑感と猫俳句

笑っちゃう写真シリーズ。

微妙な表情(笑)
喧嘩でもした後だったのかな?
写真なんか撮る気分じゃないのに、おかあさんに無理やり撮られた感じですねぇ。
どこの家庭にも、こういう家族写真が一枚くらいあるんじゃないかな。

b0180494_20305356.jpg


職場の駐車場。
全部氷です。スケートができそうですよ。

b0180494_20001386.jpg



車の乗り降りにも、滑って転ばないように気を遣います。

b0180494_20001235.jpg



*****

フクちゃん、来週末、抗がん剤治療を再度行うことにしました。
お腹に水が溜まっていて、腫瘍の影響とのことなのです。
体重が前回に比べたら全然軽いので、4回(4週にわたって)の抗がん剤治療は出来ないかもしれません。
2回くらいで、ある程度の効果が見られるといいのですが。
今週は出来るだけたくさん食べてもらって、少しでも体重が増えるといいな。
皆さん応援しててくださいね~!


テレビを見ない日はない今日この頃ですが、
大学1年の時の一年間、テレビを持たない時がありました。
香川の田舎から、大学の寮へ入寮するとき、持って行った電化製品は、
ドライヤーと小さなラジカセだけでした。
ラジオでj-waveなんかを聴いた時には、東京に来たんだなぁと実感したものです。
結局翌年には、ルームメイトと共同でテレビを手に入れましたけど。
当時はダウンタウン全盛期だったし、フジテレビの深夜も相当いい番組があったのですよね。


プレミアムフライデー!?
そんなこと可能なのかな?大企業ならできるのか。
有給休暇を消化するにはいいのかもしれないけれど・・・。
ま、私は月1回といわず、毎週週休3日にして欲しいわ~。
お給料は同じでね。なんて無理な話だよな。


某国の広場ダンスが、世界の笑いの種になっておりますが、
一体どういう精神状態でああいうことが出来るのでしょうか。
自分が良ければいい、という感じが苦手だわ。
あ、人も国もか・・・。やれやれ。


昨年買い換えた冷蔵庫、洗濯機。どちらも東芝製なのです。
真っ白なデザインがとっても素敵で使い勝手もいいのです。
まさか東芝がこんな事になるとは、思いもしませんでした。
諸行無常ですね。何事も。


初めて生で、スキップできない人を見ました。
「運動できない芸人」に出てくるみたいなスキップ!
本人はいたって真剣にスキップしてるようなのですが、
全然違う!全く足が床から離れないのです。大爆笑。
しかし彼女の息子君はすごく運動神経がいいのです。
トンビが鷹を産んだ、ってこのことか。



*****


お久しぶりの猫俳句の時間です。


 縁側の 猫眠りこけ 春遠からじ

 八朔柑むく指先に しかめっ面の猫


お粗末。


 

[PR]
by pinochiko | 2017-02-20 07:15 | 日記 | Comments(38)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko