雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 1067 )

想像力のすごさ

映画「その名にちなんで」をDVDで観た。
ジュンパ・ラヒリの小説がとても好きなので、期待していました。
3時間の中に、うまくまとまっていたと思います。
ただ、ゴーゴリの外見が、前の職場の威圧的で気分屋の困った上司にそっくりで、
途中まで違和感があったのがなんとも残念。

好きな小説が映画化されるとなかなか満足できないのが常ですが、
もうこれはしょうがないですよね。

「その名にちなんで」を読むと伝わってくる、インド人たちの集まりでの食事での
香辛料の香りとか、映像では感じられなかったです。
読書で駆使する想像力ってすごいなぁとあらためて思う。
阿部公房の「砂の女」なんて、読んでると自分が汗ばんで砂まみれになっている気がして
息苦しくなるもんなぁ。

■晩ご飯
茹で鶏ときゅうりの卵とゴマのソースがけ(洋風バンバンジー?)、水菜とじゃこと豆腐のサラダ、
たまねぎとキャベツの味噌汁、ご飯

たしか、小諸のすかいらーくは19日までだよな。ガストに変わるんだよね。
モーニングのヨーグルトセットがうれしいな。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-16 20:31 | 日記 | Comments(0)

残飯処理班

毎日のお弁当は、前日の晩ご飯の残飯がメインだ。
というか、100%残飯だ。
アルミカップとか、バランとか使わないので、汁気のあるおかずの味が
ご飯に染み込んで雑炊っぽくなってたりする。

とうてい誰かに見せられるようなお弁当ではないのだが、とっくに女子高生ではないので
そういうことは気にしない。
ただ、「今日のお弁当のおかず何ー?」なんて無邪気に聞いてくる同僚には
ちょっと違和感を感じるのだ。
だって、私の弁当が残飯って知ってるじゃん!
主婦失格ですよ、はい。

■晩ご飯
ビーフストロガノフ丼青梗菜添え、豆腐とたまねぎのお味噌汁

生クリームが無くて、クリームチーズを替わりに使ったら、とてもいい感じでした。

うちの味噌は、大分県のフンドーキンの麦味噌です。
甘くってとってもおいしいのに、この辺じゃ、ジャスコかツルヤにしか売ってない。
もっと麦味噌のおいしさを知ってほしいなぁ。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-15 21:24 | 日記 | Comments(0)

そうなのねー。

今朝、めざましテレビでとりあげられていた、川上村のレタス農家(豪農)の話題が
職場で持ちきりでした。
どーりで、あんな山奥にプロ野球球団や、有名芸能人が呼ばれて行くわけだよ。
納得。お金あるんだわー。
絶対、市町村合併なんてしないしね。
冬場の中込での豪遊の噂も本当なのかもしれない。

あんな自然環境にも、経済環境にも恵まれて育っていく子供たちはうらやましいな。
スクスク素直に大志を抱いて成長して、宇宙飛行士になっていくのか。

今月31日は山菜祭りだってよ。行ってみようか。
ついでに野辺山のポッポ牛乳のソフトクリームも食べたい。

■晩ご飯
大判鶏つくね、水菜のお浸し、べったら漬け、たまねぎと豆腐のお味噌汁、蕗としいたけの炊き込みご飯

炊き込みご飯の素とか使わなくても、おいしいんだねーと夫。普通は使わないんだよ。
つくねは塩ポン酢で食べたらさっぱりしてとてもいい味でした。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-14 20:28 | 日記 | Comments(0)
この春短大を卒業して入社してきた、社会人1年生のかわいい彼女。
はじける若さと、恐れや疑いを知らない素直な態度がとっても眩しい。
仕事中に、トイレに行って良いのか隣のデスクの人にきいてたのが、新鮮。
もう、学校じゃないんだよ。

今の職場は、男女平等感があり、そんな職場は初めてなので戸惑う。

学校教育を受けている間は、どんだけ「男女平等」ということを言われ続けてきたことか。
しかし、社会に出ると、そんなの嘘だって事を思い知らされる出来事が続出で、
本当に初めの頃は凹んだものです。
だんだん、わざとへりくだってみたり、バカなふりしてみたりして、男どもとうまくやっていく
術を身につけてきた気がする。

初めての職場がこんな平等感溢れる環境だと、今後大変かもしれないなぁ、なんて老婆心。

■晩ご飯
蕗とたけのこの炊いたん、鶏モモ肉のロースト・梅肉ソース、
ズッキーニとニンジンとアスパラガスのアンチョビ炒め、タケノコと豆腐とニラのおすまし(2日目)、
ご飯

梅肉ソースの鶏のロースとは夫の好物。満足そうに召し上がっておりました。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-13 21:39 | 日記 | Comments(0)

幸福論

アランの「幸福論」をすこしづつ読んでいるのだけれど、
昔も今も人の悩みは変わらないことに何だか気が抜ける。
どんなに悩んだって、ある種の悩みは解決されることなく
人類の間で続いていくのだ。
時代も、国境も超えて。
と、思うとちょっとは気が楽になって、「幸福論」がとても良い本に思える。

■晩ご飯
冷やし中華(から揚げ、きゅうり、錦糸玉子のトッピング)、豆腐とたけのことニラのおすまし

今晩も、夫が、絶妙においしいと誉めてくれる。うれしいねぇ。

職場に、NHKの集金の人が突然来た。
なんだかなぁ。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-12 22:03 | 日記 | Comments(0)
仕事から帰ると、月曜日が休みの夫が「何か食べに行くー?」と。
休みの日に料理して晩ご飯を用意する気はさらさらないらしい。

ってことで、元気寿司へ。酢〆いわしが一番おいしかった。
カウンターの中で寿司を握っている女の人が、手に職がある点でとてもうらやましい。
海外に行っても食いっぱぐれることが無いに違いない。

■晩ご飯
 酢〆いわし、カンパチ、サーモン、明太巻き、はまぐりの味噌汁、大量のガリ
 
寿司の後は久しぶりにバッティングセンターへ。
低速なら、私も結構当たる。もとソフトボール部だと堂々と言ってもおかしくないか?
両隣では、父親の指導を受けながらバッティングしているグリグリ坊主の男子高校生が
すごい速い球を打ちまくっていた。若さはじけてるよ。

その後、時間的に、値下げ商品が出始めるジャスコへ。
ちょっと早かったのか、20%引きがほとんど。半額じゃないと買う気がしない。
とはいえ、またちょこちょこと無駄遣いしてしまう。

明日も暑いのか?私服の職場は着ていくもので頭を悩ますのが馬鹿らしい。制服が懐かしいよ。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-11 21:33 | 日記 | Comments(2)

20世紀少年

DVDで20世紀少年の第1章を観る。いまさらながら。
マンガのイメージどおりのキャスティングに驚き。
夫も今、見ているけれど、ストーリーが理解できているのか疑問。
細かいところを見落としていることが多いので、面白さも半減している気がするけれど。どうなんだ?
もっと集中して観た方がいいんじゃないか?

午前、ツルヤに買い物に行ったら、お客も多く、みんな籠いっぱいに商品を満載してる。
本当に不景気なの?と思いながら隣のバーミヤンにいったらお客が一人もいなかった。
まぁ、バーミヤンで朝ごはん食べる気にはあんまりならないか。

■晩ご飯
アジの南蛮漬け ニラ入り玉子焼き バターコーン レタスサラダ 豆腐とたまねぎの味噌汁 ご飯

私の作るご飯が一番おいしいと、かわいいことをのたまう夫。

あー、明日仕事に行くのが不安。
初めての 5 days in row なのだ。長いぜ。もう寝る。
[PR]
by pinochiko | 2009-05-10 23:21 | 日記 | Comments(0)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko