雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

今週の雑感ーフクちゃんを想う。2

昨日の記事にもたくさんのコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。
それぞれにお返事差し上げるべきところですが、どうにもお返事できないことを
今日までどうかご容赦ください。
すべてのコメントをじっくり読ませていただいております。
そして感動しております。

みなさんありがとう!

b0180494_13411576.jpg
※2011年春。この猫ちゃんをうちで飼おう!と夫が携帯に送ってきた写真。 
おとうさんもおかあさんも一目惚れでした!


*****

4月2日日曜日。

朝から素晴らしいお天気。
ベッドに寝かせたフクちゃんをいつもの場所で日向ぼっこさせる間、
夫と段取りの確認。
お花屋さんに行って、花岡でお菓子を買って、夫の会社にちょっと寄って、
動物病院に行って先生にご挨拶して。そして3時から火葬。
自宅で火葬してくれるサービスを申し込んだのですが、
母の時のように「無くなって24時間以上たたないと火葬できない」なんてことは
言われませんでした。

お花屋さんで、亡くなった猫のベッドに飾るので茎を短くして欲しいと
伝える声が震えてしまいました。
黄色とピンクのお花を多くしてもらいました。うん、フクちゃんにはデイジーがとっても似合う。

花岡では檸檬ケーキを買い求めました。
フクちゃんが去年の夏に手術をした後も、この檸檬ケーキを持って病院へご挨拶に行ったのでした。
この甘酸っぱい味はフクちゃんの味。
今回も絶対に檸檬ケーキを先生に差し上げたかったのです。

病院に着いたとき、ちょうど患者さんの波が途切れたようで、
先生も奥さんもわざわざ出てきてフクちゃんとお別れをしてくださいました。
お正月も迎えられないかも、なんて言っていたフクちゃんと、
最高に素晴らしいお正月休みを過ごすことができたのは先生たちのおかげです。
本当にありがとうございました。


b0180494_12432642.jpg


おうちに帰って、いつもの場所で日向ぼっこ。
メイちゃん、おにいちゃんとお別れだよ。

b0180494_12435638.jpg


のんちゃんも、お別れできるかな?

b0180494_12444152.jpg


最後のスリーショット。

b0180494_12454185.jpg


おとうさんとおかあさんとフクちゃん。
これも最後のスリーショット。

b0180494_12461176.jpg


不思議なことに、亡くなったフクちゃんは、毛つやが美しく、
お漏らしして汚れた足もなんだか綺麗になっていました。
綺麗に洗ってあげたほうがいいかな、なんて思っていたのに、そんな必要ないくらいに
自分自身で綺麗になっていたのです。本当に不思議です。


火葬までの数時間、いつもの窓辺に置いてあげました。
いつもの窓辺もなんだか違う雰囲気に見えますね。
フクちゃん、よくここでおかあさんの上に乗ってブラッシングしたよね。
ここからの眺めはフクちゃんと一緒に見た景色だね。

b0180494_12464181.jpg



火葬の際には、フクちゃんをお花で飾って、大好きなカツオと、
おとうさんとおかあさんからのお手紙を添えて送り出しました。
火が付いた時には号泣せずにはいられませんでした。
本当に本当にフクちゃんがいなくなっちゃうのですから。
しかし、自宅の庭で火葬ができて、本当に良かったです。
この場所からフクちゃんは空に昇って行ったのですから、安心して行けたのではないかな。


いつもお散歩のときに見上げていたこの空に。

b0180494_12471284.jpg
※黒い車が、火葬をしてくれる車です。屋根の上に穴が開いていて、
そこから熱が外へ出ていきます。この穴からフクちゃんも昇って行ったかな。


1時間半くらい待つ間、空を見上げながら、フクちゃんの檸檬ケーキを食べました。
玄関から出てこの空を見上げるたび、花岡の檸檬ケーキを食べるたびに、
私はフクちゃんを想うことになるでしょう。

b0180494_12474156.jpg


フクちゃんのお骨はなかなかしっかりしたものに見えました。
手足の長いフクちゃんでしたからねぇ。
見慣れない骨の中に、見慣れた形の歯を見たときは、愛おしくさえ感じました。


その日の夕日がとても神々しくて、なんだかフクちゃんからの挨拶みたいに思えましたよ。
ばいばい、またね~!ってね。


b0180494_12492953.jpg



*****


翌日以降、フクちゃん宛にお花が届きました。フクちゃんはなんて幸せな猫でしょう。
お気遣いいただいたみなさんには心より感謝申し上げます。

b0180494_12495863.jpg



メイちゃんは、もう大丈夫。
ちゃんとフクちゃんの死を理解しているようです。
もしかして死に向き合うのは初めてでは無いのかもしれません。そんな気がしました。
一体メイちゃんはどんな過去を背負っているのか。

b0180494_12502918.jpg



のんちゃんは、より一層の甘えん坊になりました。
フク兄ちゃんがいないことが理解できていないのかもしれません。
無邪気で天真爛漫なのんちゃんに早く戻れますように。


b0180494_12505986.jpg



まだ桜は咲きませんが、庭の草はだいぶ青々としてきました。
草が大好きだったフクちゃん。
フクちゃんと春の庭を散歩したかったなぁ。
庭のハナミズキを一緒に見たかったなぁ。
4月29日の誕生日までもう少しだったのにね。
もう少しで6歳だったのにね。


これからもジワジワと悲しい思いが襲ってくることもあるのでしょう。
でも、のんちゃんとメイちゃんのためにもおかあさん、元気にならないとね。
これからも皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさんのおうちの猫ちゃん達も元気で幸せに暮らせますように!


この2日間、長々とお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。







[PR]
Commented by ニャンえもん at 2017-04-10 07:39 x
フクちゃん、pinochikoさん、本当にありがとう…
たくさんの幸せを本当にありがとう…
涙で滲んで、これしか書けないよ…
Commented by kazutanumi at 2017-04-10 08:12
フクちゃんお二人に愛されて、幸せな猫人生だったねぇ。
辛かったでしょうに、フクちゃんの様子をお知らせしてくれてありがとう。
ほんと泣けて気の利いたことが書けません。

メイちゃん、のんちゃんお父さんとお母さんを頼んだよ。


Commented by sos-wind2 at 2017-04-10 08:52
赤ちゃんのフクちゃんが、なんとも可愛くて愛しいですね。
生まれたばかりの頃。
あれからこんな幸せに生きられたフクちゃん。
ホントに幸せだったね。
。。。
Commented by chocottie at 2017-04-10 08:52
1も2も大変良い記事でした。フクちゃんは幸せだね。家族の皆様全員お体ご自愛ください。
Commented by mibuchoandyoshiko at 2017-04-10 08:56
大好きなお家のお庭から空に昇って行けて良かったですね。
花に囲まれて、みんなに抱かれたフクちゃん、何だか微笑んでいるように見えます。
とっても幸せだったんだね。そして立派な猫生だったね、フクちゃん!
Commented by やらいちょう at 2017-04-10 09:10 x
本当に美しく
幸せそうな表情ですね。
充実した猫生を表しているようです。
どうか安らかに、
そしていつまでもみんなを守ってくださいね。
Commented by naoanqoo at 2017-04-10 09:56
pinochikoさん・・・
なんて言葉をかけていいかわかりませんが
フクちゃんは、おとうさんおかあさんに見守られて
幸せな最期だったと思います。

きっと何気ない生活の中でフクちゃんのことを
思い出し涙が溢れるのでしょうが
のんちゃん、メイちゃんと穏やかな日々をお過ごし下さい。

フクちゃん、今までありがとう!
Commented by riyo-009 at 2017-04-10 10:56
フクちゃん、ありがとね。
優しいふくちゃん。かわいいフクちゃん。かっこいいフクちゃん。
そして、いいお兄ちゃんだったね。
天国からみんなを見守っててね。
Commented by tarohanaazuki at 2017-04-10 10:57
いいお別れができてよかったね。
お世話になった先生たちともちゃんとお別れをさせてあげられたのは、pinochikoさんたちのためにも良かったと思うよ。
のんちゃんが甘えん坊になったのは、大好きなにいちゃんの姿が見えないこともあるだろうけど、おとうさんとおかあさんのタダならない様子を感じてるのかもしれないね。
のんちゃんは、いつも「無」じゃない賢い猫なんだよ(笑)
少しずつ「いつも」が戻って来ればいいね。

ここにコメントをしてくれてる皆さんは、なんとか元気になってもらいたいと思って書いてくれてるのだから、返事をもらおうなんて少しも思ってないと思うよ。
そんなことは心配しないで、ゆっくり戻ってきてね。
Commented by tomo-so_ko at 2017-04-10 11:25
pinoさん、こんにちは。
きっとフクちゃんは6年弱の間に一生分の愛情を
受けて旅立ったのだと思います。
一緒に居る時間が短いからこそ濃い猫生だったの
だと。今は火葬場もケータリングできるんですね。
火葬場のほとんどが寂しい山中にあるので不謹慎
かもしれないけれど参考にさせて頂きました。
フクちゃん、またね。

Commented by childrenmammy at 2017-04-10 13:09
ずっとフクちゃんのこと、pinoさんご家族のことを想っていました。
まだまだ日常に戻れるはずもないと思うのに
こうしてフクちゃんとのお別れのことを綴ってくださって
ありがとうございます。
ご家族みんな揃ってお別れすることができたこと
フクちゃん、親孝行でしたね。
もうフクちゃんに会えないと思うと泣けてしまうけど
のんちゃん、メイちゃんの中に、
pinoさんご夫婦の中にいつまでもいてくれますね。

病気が判明してからの、手術、闘病生活、自宅での看病、
そして病気と死と向き合う姿勢、覚悟、
凛としたpinoさんの背中を
お手本とさせてください。
ほんとうにお疲れ様でした。
どうぞお疲れの出ませんように。
お返事なんて気にしないで、ゆっくり過ごされてください。
Commented by akikochoco0623 at 2017-04-10 14:37
何も知らずにごめんなさい。
いつも家の子達に暖かいコメントどうもありがとうございます。
私も2014年のなんとクリスマスに、愛猫ちょこを亡くしてから、
未だに立ち直れません。
本当に身が張り裂けそうに辛いですよね。
体調を崩されませんように。
心よりフクちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。、
Commented by akiwan2nyan2 at 2017-04-10 15:55
最後の時を迎えるまでの様子を読ませていただきました。
うちの、ミリの最後と重なって、号泣しています。やっぱり、悲しいですよね。
できるなら、ずっと一緒に生活したいですよね。

看取りといっても、何かできることはないか、何とか楽にしてやれないか、
苦しくないか、不安じゃないか、
そんなことをずっと考えて、接していますものね。。
ぽっかりと、
なんだか、心ごと持っていかれてしまいますよね。
感情を押し殺さずにいてくださいね。
生きている心地がしない日々が、しばらく続いてほんとうにつらかったです。
でも、フクちゃんは一生のすべてを、こんなに大事にして、
敬愛して、見守ってもらえて幸せな猫ちゃんでしたよ。
そう思っていますよ。



Commented by Miyanao117 at 2017-04-10 16:02
ぴのちこさん、日本に行っていて、インターネットに接続できなくて、今日、こちらを拝見して、号泣してしまいました。ふくちゃん、本当に幸せなライフを満喫したと思う。お家で、大好きな両親に見守られて、本当に幸せだった。私は、自分の先代猫を見守ることなく、彼女を病院で一人で逝かせてしまったこと、今でも、悔やまれます。だから、ぴのちこさんが、ふくちゃんを最後までみとったということが、ふくちゃんにとって、どんなにか幸せだったか、、。命の燃え尽きる時まで一緒にいてあげるということが、どれだけ辛くても、ふくちゃんにとっては、ベストだった思う。

私も、ふくちゃんの冥福のため、祈りをささげています。
Commented by CarolineIngalls at 2017-04-10 17:30
pinochikoさん、思い出すのもお辛いと思いますのに、フクちゃんが大好きな皆さんにと、お別れの機会を頂いたような気がします。
最期まで、美しく清々しく、フクちゃんらしいと感じました。
母を亡くして3か月と少しな私、最近夢によく母が出てくるんです。
目が覚めて、あっ、母の夢を見てたと気づくと、その夢では大抵横に父が一緒にいたりするんですよね。
ちゃんと亡くなった母を待っていてくれて、一緒にいるんだろうなぁと。
きっとフクちゃんのことも、お亡くなりになられたお母様が待っていてくださって、今ごろお母様に可愛がってもらっているんだと思います。

pinochikoさん、おとうさん、どうかお疲れ出ませんように。
美味しいもの食べて、たくさん寝てね。
Commented at 2017-04-10 19:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chimey at 2017-04-10 19:53 x
pinochikoさん
どうもありがとうございます
フクちゃん、
幸せに生きてそして旅立ったんですね
みんなの愛が一杯ですもん
フクちゃん~
お空でも幸せだよね
Commented by juni38 at 2017-04-10 20:37
フクちゃん またね~
また会えるのを楽しみにしているからね。
Commented by komachimaman at 2017-04-10 21:36
pinochikoさん、フクちゃんとのお別れの時までお話ししてくれて
ありがとね。
お花に囲まれているフクちゃんは、安らかに眠っているように見えました。
青空のもとでフクちゃんを虹の橋に送ってあげられたんだね。

pinochikoさんとお父さんは、本当に心からフクちゃんを大切にしていたんだなって。フクちゃんは幸せな家族と一緒に暮らせて、喜んでいると思います。
のんちゃん、メイちゃんと仲良くするんだよ。
フクにいちゃんが、お空から見守っているよ。
Commented by まる。 at 2017-04-10 22:40 x
ベッドの中のフクちゃんのお顔が、とっても安らかで可愛い。
そのまま起きてきそうなくらい、いいお顔ですね。
メイちゃんも、のんちゃんも、神妙なお顔になって、
ちゃんとお別れがわかってるみたい。
ずっと一緒にいた分、お兄ちゃん大好きなのんちゃんは寂しいでしょうね。
でも、天真爛漫なのんちゃんと、小悪魔メイちゃんが、
おとうさんと、おかあさんの心を癒してくれると思います。

フクちゃん、ずっと見守ってくれてるよね。
みなさんが、穏やかに暮らせますように。
Commented by mika-96 at 2017-04-10 23:16
ばいば〜い!またね〜!の夕陽に涙がこぼれます。
ふくちゃん最後まで本当にお利口さんだったね。
メイちゃんとのんちゃんも寂しくなるね。
お兄ちゃんがいなくなっても喧嘩せずにいられるかな。

みんなふくちゃんの事忘れないよ。
毎日楽しさをありがとう。
今度はお空からみんなを見守ってあげてね。
安らかに。。。

Commented by shino0129 at 2017-04-10 23:27
フクちゃんがいなくなって、哀しい 寂しいとしか思えなかったのですが、フクちゃんの顔を見たら
なんて安らかな顔してるんだろう
フクちゃんの満足そうな顔・・・というのはおかしいかもしれませんが、精一杯生き抜いた、悔いはないぞ!って感じがして、私は哀しさより、フクちゃんの潔よさに感動しました。
フクちゃん笑ってるし!
おとうさん、おかあさん、ぼくのやくめはおわったからね、じゃあ いってくるよ!
またあおう!!
ってね。
また泣けてきちゃいます・・・。
今まではフクちゃんの看病で気を張っていたと思いますが、徐々にいろんな感情が込み上げてくると思います。
私もみぃ太を亡くして「ごめんね」しか言えなくて、苦しくて苦しくて。
スピリチュアル本を読んでみたら、泣いてばかりいると魂がさ迷っちゃうから「ありがとう!」って言ってあげよう。
と書いてあって、時間はかかりましたが今では「ありがとう」「出逢えてうれしかった」と言えるようになりました。
それは、みぃこやちぃちゃんのおかげだと思います。
pinochikoさんは、フクちゃんに「ありがとう」って言えたんですから!!
その気持ちが伝わってフクちゃんの穏やかな顔に現れたんでしょうね。
大好きなお庭で、おとうさん、おかあさん、のんちゃん、メイちゃんが見守るなかであんなに素敵な青空へ旅立てたんですからね!!
病院のみなさんにも、ちゃんとご挨拶できたし、スリーショットも、おとうさんおかあさんと家族写真も撮れたし。
フクちゃんの具合がよくなったら、絶対会いに行こうと思ってました。
叶わなかったけど、ちぃちゃんのお手々がフクちゃんによく似てるんです。
フクちゃんて、こんな感じなんだろうなぁって。なんか近くに感じます。
のんちゃんとメイちゃんの距離感も気になりますが、気持ちが落ち着いてきたら、無理のないようにブログを再開していただけたらと思います。

私もいつか訪れるお別れの時には、pinochikoさんのように「ありがとう」と言えるように、精一杯愛してあげます!!

フクちゃん、ありがとう!!
Commented by tokidokitasu at 2017-04-10 23:28
ベッドのフクちゃんが、眠っているようです。
大好きなお庭から旅立ったのフクちゃん、
いつもお父さん、お母さん、のんちゃん、メイちゃんを
見守ってくれてますよね。
美しい青空も、フクちゃんらしい旅立ちですね。
お父さん、お母さんがどれだけフクちゃんを
愛しているか、大切に思っているか、しみじみと伝わってきます・・・

のんちゃん、メイちゃん、お父さん、お母さんを慰めてあげてね。。。
Commented by chico_book at 2017-04-11 00:56
ぴのさま

記事にしてくださって、ほんとうにありがとうございました。
フクちゃんがほんとうに穏やかで、愛されたねこだったこと、
ひとつひとつのことがらが、こころに迫ります。
台所動画をそっと見返しています。
フクちゃんほんとうに、みんなをしあわせにしてくれてありがとう。

メイちゃんが落ちついているということ、すこし安心しました。
なんてミステリアスな美女ねこさん。懐の深さを感じます。
のんちゃん、いまはまだ落ち着かないかもしれないけれど
きっとのんちゃんにとっても、メイちゃんの存在が
善きものであることでしょう。だいじょぶだいじょぶ。

ぴの様そしてご家族の皆さま、
どうかごゆるりとお過ごしくださいませ。
Commented by tasukeai-maki at 2017-04-11 02:05
フクちゃんの最期の一部始終をお伝え下さりありがとうございますm(__)m
読みながら、涙や鼻水が。。。ティッシュを使う度に、うちの子達が見に
寄ってきました。「フクちゃんがね。。。」って話すと、にゃぁにゃぁと
鳴きながらウロウロしていました。彼らなりに何か感じたのかも知れません。
フクちゃんとうちの子は同じ年なので、今この子達がいなくなったらって
考えたら、pinochikoさんの辛さを私なりに想像することが出来ます。もう
姿が無いですが、どこを見てもフクちゃんの面影がいつでも思い浮かぶ事と
思います!無理に忘れる事は無いですし、もし面影を見つけた時は、様子を
見に来てくれたんだなって思えば悲しくないと思います(^-^)v泣いたっていい
と思います!きっと日にちが癒してくれる事でしょう。ノンメイちゃんたちと
春を楽しんで過ごして下さいね(*^^*)
Commented by 1234bow at 2017-04-11 02:08
フクちゃんの記録・・一字一字しっかりと読ませて頂きました・・何度も・・
ちゃんと温かくお見送り立派でしたね・・
そして・・
のんちゃんもメイちゃんも立派にお見送りできました・・
メイちゃんは理解できてる感じが伝わってきました・・
のんちゃんは不思議な感覚で見てる感じですけど今頃は理解しかけてるのでしょう・・きっと・・
お利口だものね のんちゃん・・w

にゃ~はみんなお利口さんだから人間の迷惑にならない日を選んでるように感じます・・
フクちゃんは特に頭が良い理解力のあるにゃ~だから尚更だと思います・・
最期の精一杯の感謝の気持ちが込められてるのだと思いますよ・・

お家のお庭で・・・
実は ぼぉちゃんの時に選択種として出張してきてくれるサービスを知りましたが・・
我家には庭がなく5キロも離れた海沿いでと言われ それなら意味ないな~と諦めたのでした・・
フクちゃん家には庭があり最高のお見送りができたと思います・・
本当に幸せな猫生を・・
愛情いっぱいのお家でお二人の愛をいっぱい持って虹の橋の袂へ一足先に旅立ったのですね・・
いつか 向かうであろう愛するお二人を元気いっぱい走り回り待ってるに違いない・・
そう思ってます 私・・w

まだまだ悲しみが癒えるには時間がかかると思いますが・・
一緒に乗り越えて行きましょう・・

そして・・
お父さんは男性だから悲しみの一部しか表に出せないのではないかと思います・・
最初の出会いのフクちゃん 愛らしくて可愛いですね・・
一目ぼれしたお父さん どうかご自愛くださいますようお願いしときます・・

お母さんも のんちゃんメイちゃんが悲しみを少しづつ柔らかくしていってくれると思います・・
体調崩さないようにご自愛ください・・ 
Commented by 371230 at 2017-04-11 05:56
フクちゃんこの世に生まれてきてくれてありがとう
たくさんの愛をありがとうって感謝です
たくさんの人に愛されて…
でもそれはpinochikoさんを通してのフクちゃんだからです
フクちゃんはpinochikoさんなんです
凛として強くて優しくて暖かい
とても綺麗なフクちゃんの姿を見せてくださってありがとうございました
フクちゃんファンのかたもけじめがついたと思います
本当にフクちゃんとお別れ出来ました
でもずっとずっとこんな素敵な家族とフクちゃんがいたことは忘れないし折に触れ思い出すことでしょう
あー!胸が痛い、苦しいなあ…
フクちゃん!お母さんの悲しみを少しでも早く癒してあげてね
フクちゃんありがとう
ほんとに、また会おう!またね!


Commented by mimizo0603 at 2017-04-11 10:04
pinochikoさんと旦那様のフクちゃんへの愛情、素敵です。
フクちゃんは幸せな猫生だったね。

フクちゃんの穏やかな姿を見る度に、いつも癒されていました。
フクちゃん、ありがとうね。
Commented by canomama at 2017-04-11 14:57
1.2共にpinochikoさんの想いが充分伝わりましたよ。
フクちゃんは短い猫生だったけど、深くて濃いかったね。

元気出そうね!
Commented by kyokocat at 2017-04-11 15:39
おとうさんとおかあさんに見守られて旅立ったフクちゃん。
最後まで格好良く、だなんて・・・。ばいばい、またね、なんて、本当にフクちゃんがそう言っていそうで、涙なしには読めませんでした(でも、最後の様子や見送りを教えてもらって、ありがとうございます)。
フクちゃん、ありがとう。おばちゃんもいつかそっちに行くから、またね!
Commented by empiK at 2017-04-12 10:28
フクちゃん、最後までみんなに見守られて天国に行ったのね。本当にしあわせな猫ちゃんでしたね。お母さんお父さんと一緒の写真、そしてのんちゃん達との最後の写真、泣いてしまいました。。。私も愛猫、エンピを5年前になくしたのですが、その時私は日本にいてエンピはパパだけに見守られて天国に行きました。本当に申し訳なくて、3ヶ月は毎日泣いてましたよ。でもあまり泣くとエンピが成仏できないからと自分に言い聞かせて。。。そしてパンジャがうちにやってきて、少しずつ元気を取り戻しました。のんちゃん、メイちゃんもきっとお兄ちゃんがいなくて悲しんでると思います。時間がかかると思うけどみんなで少しずつ元気を取り戻して行ってくださいね。フクちゃんは今頃あぁ、体が楽になったと、そしてこれからもずっと天国でみんなを見守ってくれていることでしょうね。フクちゃん、エンピとも遊んでね。
Commented by fariotyan at 2017-04-13 16:30
フクちゃんはお利口で賢い子でしたね。
pinochikoさんの想う気持ちが痛いほどわかります・・・
短い時間だったかもしれないけど
フクちゃんとの日々は永遠ですもの
これからもたくさんのフクちゃんの思いでを大切に
生きていきましょう^^

フクちゃん本当にありがとう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2017-04-10 07:29 | 日記 | Comments(32)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko