雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

今週の雑感 -母を亡くして。1

ここのところ、皆さんから頂いたコメントに全く返信が出来ておらず、大変申し訳ございません。
そろそろ通常営業に戻ろうかと思いますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。
思いがけず多くの皆様から温かなお言葉をいただき、心より感謝申し上げます。
ブログを通して知り合った皆さんからお気遣いをいただける、こんな時代がやってくるとは思いもしませんでしたね。
本当にありがとうございました。

まだまだ、書類のやり取りなどが続いていて、年内には全てがスッキリしたらいいなぁ、というところ。
今回の一連の出来事は私にとって初めてのことばかりで、戸惑うことも多くありました。
笑えることも結構あったのです。

そんなこんなを記録しておこうと思います。

*****

母が緊急入院したのは、定期検診の日でした。
仕事の合間を縫って夫が母を病院まで送って行ってくれたのでした。
病院で母と別れた夫も、そのまま母が入院になったと知ってとても驚いていました。

「〇〇さん(夫)が、何でかしらんけど600円くれたんで。
帰りにコンビニでお弁当でも買って帰ろうって思っとったのになぁ」
「退院したら使えばいいよ。なんで500円でもなく1000円でもなく、600円なんかなぁ?」
「有り金全部やったかな?あはは!」

相部屋で他に3人のおばあさんと同室でした。
「年寄りばっかりで話もできんし、つまらん!」

アイスクリームが食べたいというので、先生に内緒だよと言って
ハーゲンダッツのバニラアイスを持って行き、母と二人でこっそり食べました。
「美味しいなぁ~。けどもっと濃厚なのがいいなぁ」
次の日は抹茶のアイスを持って行ったら
「本当はチョコレートのほうが良かったな」

入院したら当然化粧も出来ないのですが、
「看護師さんが、まつ毛が長いねぇ~!ってほめてくれたんで」と嬉しそうでした。
確かに母はつけまつ毛か?というくらいまつ毛が黒々と長かったのです。

「アパートのテレビの下の台に入ってる巾着袋にお金貯めとるけん、つかっていいよ。
3万円くらい有ると思うで」
というので確認したら、本当に巾着袋がありました。ずっしり思いの。
中のお金は全部小銭。コツコツ貯めたんだなぁと、なんだか泣けました。

「焼いたさんまか鯖が食べたい」というので、担当医に確認をしました。
「もう食べたいというものはなんでも食べさせてあげて下さい」とのこと。
つまりは、先が長くないから我慢する必要は無いということなのでした。泣きました。
糖尿で我慢していたシュークリームもケーキも食べられるようになるのがこんな理由とは。

翌日の夜焼いた鯖をほぐして持って行きました。
けれど食欲が無いらしく手を付けません。それでもなんとか無理矢理口に運んだら、
「おいしい」と言って3口ほど食べてくれました。

「なんか面白いテレビあるかな」
「アメトークの特番が8時からあるみたいよ。チャンネル合わせておくからね。
イヤホンはここにあるからね」
「わかった、ありがとう」
「明日は妹が孫達連れてくるからね、楽しみだね。また明日ね」

翌日、朝から母は深い眠りについたまま起き上がりませんでした。
手だけは頻繁に動かすのですが、揺すっても叩いてもちっとも起きません。
妹は一言も言葉を交わすことが出来ませんでした。
でも母は、孫達の小さくて柔らかな手のぬくもりをその手に感じることが出来たかもしれません。

数日後、そのまま母は逝ってしまいました。
600円をつかうこともなく、同室のおばあさんたちより先に。
アメトークは見たのか見れなかったのか?
ちょっと早すぎやしないかい?
「長い介護生活の始まりか?」なんて思ったのに、介護認定が出る前だよ、まだ。
チョコレートのアイスも一緒に食べたかったのに。

せめて最後に鯖を無理矢理にでも食べさせて良かった、のかな。

[PR]
Commented by ニャンえもん at 2015-10-19 08:22 x
巾着袋のくだりで涙が溢れそうになり、グッとこらえました。
お母様、pinochikoさんに恩返しがしたかったのでしょうね。
お互いを思い遣るお二人の気持ちが痛いほど通じてきます。
そしてそれを明るくカラッと書いちゃうpinochikoさん、カッチョイイなぁ( ´∀`)
pinochikoさんの芯の強さ、…強くならざるを得なかったのかもしれないけれど、でもね、貴女は本当にスゴい女性だよ~ヾ(^▽^)ノ
Commented by canomama at 2015-10-19 23:46
順送りとはいえ、やはりこの世からいなくなるという現実は
辛くて寂しいですね。
・・・・って、そう思う反面、そんなに長く生きてもらえて
ちょっと羨ましいって・・ごめんね。
私は写真でしか知らないのでね。

気丈に振舞っているpinochikoさん、
これからはお母さんとは心の内でずっと一緒ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2015-10-18 08:59 | 日記 | Comments(2)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko