雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

今週の雑感と猫俳句

今までの人生で一番暑かった夏は、三鷹市の大学の寮に住んでいた4年生の時と、
福岡のアパートに住んでいた時です。どちらも冷房が無かった。
大学時代はとにかく豆腐ときゅうりと素麺しか食べられなくて、ずいぶん痩せました。
福岡時代は夜寝られなくて、フラフラなのに立ち仕事だったのでずっと朦朧としていました。
バスに乗ったら、冷房のきいた車内で座れるとあって、すぐに熟睡してしまい、
降りすはずのバス停を寝過ごし、反対方向のバスに乗りなおすもまた寝過ごし、
なかなか目的地にたどり着けないのでした。パラレルワールドか!って思いましたよ。
布団の上では寝られないので、フローリングの床の上に横たわり、床が温まるとゴロリと転がって
冷たい床に移動するということを一晩中繰り返し、体の節々が痛かったなぁ。
猫たちが床の上で伸びているのを見ると、過去の自分を思い出します。
今は冷房が無くても布団の上で寝られる信州住まい。ありがたいことです。

今年度を最後に、学校での蟯虫検査と座高測定が無くなるそうですよ。
ま、いまだにあの透明シートを肛門に貼りつける蟯虫検査をやっていたことに驚くのですが。
確か、背中に羽の生えたキューピーちゃんみたいなのが、透明シートの使い方を説明する絵が
描かれてましたよねぇ。なつかしい。

大学に行くために奨学金を利用する人が今は多いですが、
卒業後に返せない人も多いとニュースになっていますね。
40歳の男性が返せなくて自己破産したというニュースもありました。
高校生が、数百万を借りて、卒業後に毎月数万円を20年とかの長期にわたって
返済するということをリアルにイメージするのは難しいでしょう。
その20年の間には車の購入、結婚、住宅購入などなどあるはずだけど、
そんなこと遠い未来の話で想像もできないだろうな。
まさか病気で働けなくなる可能性なんてみじんも思わないだろうし。
借金してまで大学に行く必要があるのか?今の時代どうなんでしょうねぇ?

美味しいご飯が食べられる食堂を発見。れすとらん12番地。名前は微妙ですが。
焼き魚、牛筋、とんかつがあるかと思えばパスタもある。それにコーヒー200円。
ご近所さんがふらっとご飯を食べに来るという雰囲気で、
テーブルクロス、ランプシェード、壁の飾り、食器などが適度におしゃれで清潔で、
居心地がいいのです。
週末は小学生の娘さんがお手伝いしていて、テーブルまでお水を運んでくれるのも
微笑ましい。
b0180494_08510701.jpg

*****

猫俳句の時間です。

彼方から 響く花火 真ん丸目の猫


cat gazing at watermelon-
never think it red indside


summer breeze
stroking the cat
in the dense grass


英語の俳句はよく分からないのです。どなたか添削をお願いします!

[PR]
Commented by tarohanaazuki at 2015-07-25 09:51
田舎ならまだしも街中のアパートで冷房無しはキツかったでしょ!
若い時って、何であんなに過酷な事が我慢できるんだろうね!
この前、中学生の頃の通学路を久しぶりに車で通ったんだけど、よく毎日こんな遠くを歩いて通ってたと思ったね。
片道一時間以上はかかってたけどそんなに苦にならなかったもの!

蒙古斑軍の父親が奨学金の返済中!
大学の4年間と大学院修士の2年間、合計6年分だよ。
私がちゃらんぽらんだから学費の援助をしてあげられなかったからね。
おまけに去年から博士号を取るために、母校の大学院で臨時職員をしながら勉強中だよ。
大分から引っ越したのは、そのためなの。
さすがにもう奨学金は借りてないけど、嫁が働いてくれてるからやっていけるんだね。
二人とも国家公務員と地方公務員の安定した職を捨てる事になって、こんな無謀な事を許してくれた嫁に感謝しなければね。
早く博士になってくれ〜!(笑)

アットホームなレストランを見つけたねえ♪
家の近くなの?
名前がまた良いわ!(笑)

今回は笑える句は無いの?
まんまる目の猫はのんちゃんだ!?
だって、のんちゃんはビビリだもの(笑)
英語のは「ウォーターメロン」と「サマーブリーズ」で夏の句と言うのは分かる!!(笑)
Commented by shino0129 at 2015-07-25 10:46
私は勉強が嫌いだったので、高校卒業後は就職するものだとってました。
同級生も、ほとんど就職組だったので。
当時(平成元年!)は、まだ、就職先が選べる時代でしたよ。
年をとった今では、もうちょっと勉強しておけばなぁ・・・と。
親があの頃言っていた言葉を、今になって実感するなんて(笑)
後で悔いるから後悔なんですよね。後悔してる訳ではないのですが(笑)
確かに、高校時代に10年20年先の事なんか考えてなかったです!
若かったし、呑気でした。年取るのはあっという間だって聞いていたけど、本当ですね~。
40過ぎてからは、老後の事を考えてしまいます(笑)
母は64で亡くなったので、それを基準にすると、あと20年ですよ~!
今、便利な物があって当たり前になっていますが、なくてもどうってことないと思ってた時もありましたからね~。クーラーも携帯も。

れすとらん12番地 気になる~!!
近くにあったら常連になりそうです(笑)

真ん丸目の猫、私ものんちゃんだ!と思いました。
ブログにもあった、あの時の事かな??
Commented by juni38 at 2015-07-25 11:58
うちの弟も 奨学金返済中です。 もうすぐ終わるみたい。
大学院も、一度 社会人になって 学費を自分で工面してから、いってましたね~
大変だけど、職によっては 学歴がないと スタートラインにも立てないこともありますしね。
なんとも言えませんねぇ・・・
でも、私も もうちょっと勉強を頑張っとくんだったな~の口ですね(笑)

私の学生時代も エアコンなしの部屋でした~
でも 田舎だったから、寝れたなぁ・・・京都より 涼しかった(笑)
Commented by kyokocat at 2015-07-25 15:26
私もJuniさんちの弟さんと同じで、自分でお金を貯めてから留学した口なのですが、途中で資金が尽きて2度ほど出稼ぎ帰国しました。おかげで卒業に時間がかかりましたが、アメリカの大学の柔軟さ?のおかげでまぁなんとか(笑)。いろいろと楽しかったし経験にもなったから後悔はしていないのですが、大学卒業して学費を回収できるほど稼げたかというと微妙です・・・。

れすとらん12番地、いいですねぇ。こんな食堂が近くにあったら通うな-、きっと。コーヒー200円も安い!

英語の俳句っていまいちルールがわかりません。オットに聞いたら、わざわざ辞書で調べてくれて、シラバスで575だということを初めて知りました!でも、短かったらいい説もあり、その辺のルールはゆるいみたいですよー。ちなみに、オットにpinochikoさんの俳句、どう?と聞いてみたのですが、オットも俳句がなんなのかよくわかってなかった(笑)。理系の人間に聞くのが間違ってたようです。あはは。


Commented by pinochiko at 2015-07-25 19:39
> tarohanaazukiさん、こんにちは!
唐人町の狭い部屋でしたよ。暑いー、とゴロゴロしてると窓から大濠公園の花火が見えてね。
なんだか泣きたくなったのを覚えています。
片道1時間以上!昔は飲み物だって持たずに歩いていたでしょう。
今同じことをしたら、途中で倒れてますね・・・。
ばあばさんの息子さんは立派な方ですねぇ~。本人もすごいけど、ほんと、奥さんもすごい!
でも自分のやりたいことをやろうと頑張る姿はカッコいいですよね。
そういうお父さんの背中をみて蒙古斑軍も大きくなっていくのでしょう。将来が楽しみです!
笑える句・・・忘れてた!あはは!
英語の句は、難しいということがよく分かりました(笑)
Commented by pinochiko at 2015-07-25 19:53
> shino0129さん、こんにちは!
平成元年高校卒なら、高校生も引く手あまたでしたよね。
友達が同じ頃に高校を卒業して証券会社に就職しましたが、
当時の給料は相当なものだったそうです。
今は、高卒だと就職先の幅も狭いし、
選ばなければ全員大学か専門学校に入れるような時代なので、
特に学びたいわけでもないのに、何となく奨学金を借りて進学する子がいるように見えます。
そう、若かったし呑気だった(笑)40歳なんて遠い先だし、未来は明るいと思ってましたね(笑)
でも60歳過ぎの人から見たら、40歳代はまだまだ若いそうです。
だから今からでも遅くない!って思いますよ。
携帯の無い時代・・・懐かしいわぁ。ナントカなったもんですよね。
12番地、いい感じでしょう?常連さんが多いって感じですよ。
一人で来てるお客さんも結構いるのです。
当たり。まんまる目の猫はのんちゃんです!

Commented by komachimaman at 2015-07-25 19:57
久しぶりにブログを開き、遊びにきてみたら、猫の句なんて楽しいものが出現していてびっくり!最初の英語の句ですが、スイカの中身が赤いなんてわからないだろうなぁなんて、かわいいですね。

福岡の話が出ていてなつかしくなってちょこっと参加。
私も子どもの頃、3年ほど福岡に住んでいました。夏は暑かったなぁ~
最初は南公園のすぐ裏に住んでいて、その後、藤崎に引越しました。
まだ福岡が区になっていなかったときで、路面電車が走ってました~(昔々)。
今でも福岡で過ごした日々が子ども時代では一番好きです。
パリ時代はまた違った意味で好きですよ。
Commented by pinochiko at 2015-07-25 20:05
> juni38さん、こんにちは!
弟さん、偉い!立派ですねぇ。自分で工面した資金で勉強をする。
その意欲があるのが凄いなぁ。確かに職によっては学歴が必要だったりしますね。
でも私の周りには学歴が必要な仕事をしてる人が少ないこともあって、
高卒で立派に仕事をしてる人が多くてね。
juniさん、勉強は今からでも遅くないかも知れませんよ!
昔は今みたいにエアコン無かったですよねー。図書館に行って涼んでたりしたもんですよね。
京都は暑いんでしょうねぇ~。想像しただけでうへーってなります。
学生時代、夏の京都に行った時、暑くて死にそうになって入ったお茶屋で食べた
宇治抹茶の氷のおいしさは忘れられませんよ。

Commented by pinochiko at 2015-07-25 20:22
> kyokocatさん、こんにちは!
わぁ!kyokoさんも凄い!いや~、みなさん立派で感動しますよ。
日本はまだまだ社会人が自分のお金で大学に行くというのは少ないですよね。
kyokoさん、とても努力されたのですねぇ。尊敬しますよ!
学費回収は・・・普通は難しいですよね。特殊な職業じゃなければ。
れすとらん12番地にWi-Fiがあったら確実に入り浸るでしょうね(笑)
わざわざご主人に調べてもらって申し訳ない!そうか英語でも575を意識するのですね。
日本語より難しそうだなぁ。季語も日本とは違うんだろうか。
文化が違っても同じように俳句が出来るってなんだか素敵だなぁと思うのです。
kyokoさんも如何ですか?
Commented by pinochiko at 2015-07-25 20:34
> komachimamanさん、こんにちは!
真剣にスイカを見つめながら何を考えてるんだろう?って思ったんですよね。
まさか中が赤いことは知らないよね、って。

福岡にいらしたのですね!
福岡は夏は暑いし、冬は意外と寒いですよね。日本海だもんなぁ。
路面電車が走っていたのですか。知らなかったです!
今じゃ地下鉄が走って便利になってますよね。
信州から引っ越さなきゃならないとしたら、絶対福岡がいいと思っています。
パリ!想像もつかないですよ!おしゃれに違いないってことくらいしか(笑)
Commented by ニャンえもん at 2015-07-26 16:35 x
pinochikoさんのその前向き精神は、今までの頑張りと努力の礎の基からなのですね♪本当に素晴らしいヾ(^▽^)ノ
私は親の借金に苦しめられたクチでして、高校時代から家にバイト代を入れ、就職してからは給料は勿論、ボーナスも根こそぎ持って行かれ、そして度々"明日までに20万必要"とか言われるので夜はスナックでバイトして、まさに働き詰めの青春時代でした( ´艸`)
まぁ今も働き詰めではありますが、めぐり合わせでpinochikoさんに出会えた事、家族と美味しい物や幸せを分かち合えて、価値観の合う友達がいる。なかなかど~して素敵な人生ではないか?と思う毎日であります♪
でも極めつけは可愛いニャンコとの暮らしかな~(笑)コレでキマリっ!
Commented by candy--ame at 2015-07-26 18:32
こんばんは。

1人暮らしって、貴重な、いい経験なんでしょうね。
私は1人暮らしの経験なく、結婚してしまいました。
それからやっと、本当の意味での親の気持ちや有難さがわかった気がします。

食堂って、温かいイメージがありますよね。
ホッとするというか。
だからまた、足を運びたくなるんですよね(*゚▽゚*)

Commented by pinochiko at 2015-07-26 19:47
> ニャンえもんさん、こんにちは!
いえいえ、私は大学まで親に行かせてもらいましたから恵まれてました。なのにこの低落・・・申し訳ないですよ。
今、親のことで苦労してるのもしょうがないかな、借りを返してるのかな、そういう運命かなと思っています。
ニャンえもんさん、頑張って働いてきたんだねぇ。自分以外のために働くってキツかったでしょう?
よく乗り越えましたね!だから今も精神が強いのですね、きっと。
これからいいコトあるかな?なんて思えるのもこのブログを初めて皆さんに知り合えたからです。
そっか、それもこれも猫のおかげだ!すごいな、ニャンコ!

Commented by pinochiko at 2015-07-26 19:58
> candy--ameさん、こんにちは!
まぁ!一人暮らし経験がない!
結構辛いですよー。貧乏だと特にね。
パン屋にパンの耳を貰いに行ったりとか、バイトは絶対飲食関係にするとか。
あはは!若いからできることですねぇ~。
いつか結婚できるとか、貯金が出来るようになるとかそんなこと無理だろう、
と思ってましたねぇ。
今でも人並みの生活をすることにビビってしまうところがあります。
例えば新幹線に乗るとか。私は高速バスでしょう、ってね。
タクシーなんて絶対乗れない。歩くね。
冷房も暖房も使わないでいるのもそういう無意識が影響してるかもしれません。
親の有り難みは感じたけれど、そんなことじみじみ考えてる暇は無かったなぁ(笑)
親不孝だねぇ。

そうなのです。食堂、っていうのがピッタリ来るお店で、
女性でも気軽に行けるところって意外と少ないんですよね。
貴重なお店になりそうですよ!
Commented by childrenmammy at 2015-07-27 11:23
いろんなことを思い出していました。
しみじみ。。。
私は愛媛で生まれ育ったので、夏は暑くて当たり前。
夕立があって、夜は涼しくて、
文明の利器なんて、ほぼ皆無だったけれど不便なんて感じなかったなぁ。
(ものすごく!ど田舎で、裕福な家ではなかったので。笑)
就職して姉と暮らした松山市も、猛暑の記憶があまりないのです。
結婚してすぐに転勤族になり、各地を転々としましたが、
エアコンなんて高価な物、縁がなく。
旭川市から埼玉に転勤した夏、ものすごい猛暑だったのですよ。
連日40℃くらいあったような記憶が。
エアコンなしの狭いアパートで、何も食べられず、眠れず、
みるみるやせ細りました。
あの夏の辛さは、忘れられないです。
でも、現代の関東は、もっと酷暑なのでしょうね。



Commented by pinochiko at 2015-07-27 19:11
> childrenmammyさん、こんにちは!
愛媛でしたか。四国は暑いですよね。
でも冷房ってなくても普通に過ごしてましたよね。
子どもの時は夏はひたすら海かプールに行って、家ではシャワー浴びて。
そう、当時は夕立のあと、スーッと涼しくなりましたね。
でも最近は蒸し暑くなるんですよね。何ででしょう?
埼玉は暑いと聞きます。都会は田舎の暑さとは違う種の暑さですよね。
エアコン無しでよく生き延びましたね。実は熱中症だったかもしれませんね。
今の北海道の夏は天国のようでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2015-07-25 08:57 | 日記 | Comments(16)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko