雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

今週の雑感

先日、信州大学医学部付属病院に母を連れて初めて行きました。
こんな大きな病院は行ったことが無かったので、新鮮。
タリーズがあるなんて、しゃれてる。
本日の予約患者数1400人って書かれたのをみて、
この待ち時間の長さもしょうがないかと諦めました。
10時半の予約で、8時半に受付して、終わったのが15時。
平日なのにこの混雑、みんな病気と仕事の両立どうやってるんだろう?
仕事しないと病院代も払えないのに、お医者さんは仕事都合なんて
考えないで次の通院日を決めてくるからイラッとするのです。
将来自分は、病気を治すためだけに生きている、っていうような状態にならなければ
いいなぁ。仕事・趣味と病気を両立させたいものです。

気軽に入れる和定食屋が意外と見つからないのです。
気軽とは、1,000円以下で食べられるということなのですが。
高級なお店はあるんですけどねぇ。
大戸屋とかが、この辺にもっとあればいいのに。
洋食か、回る寿司ならお店も多いのだけれど、バランスよく食べたい気分のとき、
行く気がしないのですよね。
和定食なんて家で食べるご飯と変わらないからあんまりお店が無いのかな?

夜遅い時間、とはいえ9時くらいにこのあたりの田舎のマクドナルドに行くと、
揚げたてのフライドポテトが食べられることに気付きました。
冷めると急激にまずくなるこのポテト、揚げたて以外は食べたくないですねぇ。
都会ならお客の回転がいいからいつだって揚げたてかもしれないのですが、
田舎ではなかなか揚げたてって難しいのですよ。

長野県では強引に右折をしてくるドライバーがいるのでご注意ください。
びっくりしますよ。右折優先なの?ここ?って思うくらいです。

先日、あまりに眠くて10時に寝たら、翌日の肌の調子の良さにびっくりでした。
毎日それくらいにベッドには入るのですが、ブログやらHuluやら見るので、
なかなかそう早くは寝られないのですよね。
一日がもう数時間長ければいいのに・・・って同じこと昔から思ってるな。
いい加減諦めなければ。

職場に初出勤の日、手土産を持っていくものなのでしょうか?
それともこれは長野の習慣なのでしょうか?
今の職場では中途採用の人の多くが、初出勤の日に手土産を持ってきます。
純粋に、わ!お菓子だ、嬉しいな!って思っていたのですが、
そういえば、他の地で働いていた時はこういうこと無かった気がするのです。

職場で、とても不味いお弁当を食べました。久々に。
蓋を開けた瞬間は豪華に見えるのです。
予算いっぱいに豪華なお弁当を作ってくださいって言われて、
どうしていいか分からなくて思いつくものを全部入れてみた、という様相。
エビ、うなぎ、ほたて、とんかつ、桜でんぶ(!)のご飯・・・。
若い職員は、わー!なんて喜んでいましたが、
もう四十過ぎの主婦からみたら、全部冷凍食品なのが明らか。
固くて殻がくっ付いているエビ、ゴムみたいなうなぎ、干からびたほたて、
パサパサのとんかつ、無意味に甘い桜でんぶ。食の冒涜ですよ、これは。
でも、お弁当の会社って、食中毒が怖いからどうしても熱をちゃんと入れたり、
冷凍食品を使わざるを得ないのかな。難しいねぇ。
ま、今後このお弁当屋さんに注文することは無いな、と職場の全員が思ったのでした。
いつもの近所のお弁当やさんの手作りお弁当がどれだけ美味しいのかを再確認できました。

猫トイレに、とても大きいうんちがあって、びっくりしました。
これ、フクちゃんのおしりから出たの?って。
嬉しくもあり可笑しくもあり。うんちを見ながらニヤニヤする私。




[PR]
Commented by canomama at 2015-03-29 17:52
随分前に大阪大学医学部付属病院に行ったのだけど、
1階にちょっとしたショッピングセンターが出来てました。
銀行、美容院、ブランドの店・・・。
最上階には一流ホテルのレストラン・・・なんか病院じゃないみたい^^;
病院とはご縁を切りたいものです。

初出勤に手土産?それは大阪はないと思う。
その昔(笑)私のOL(これ死語よね)時代は、
初出勤は振り袖を着て行きました^^;

トイレに大きなウ◯チ・・・・ハイ!あるある(^_^)v
Commented by tarohanaazuki at 2015-03-29 18:21
まだまだ大学病院の「オレ様体質」は抜けないよねえ。
医者の資質とか能力は入れ物の大きさじゃないのは分かってるんだけど、やっぱり「付属病院」の名前の魔力には私も恐れ入ってしまうもの。
実際、検査とか手術とかの技術は、能力のある医師が集まって優れてるのだろうけど。
「病気を治すためだけに生きている」の言葉はドキッとしたよ!
考えたく無くて無意識に避けて来た事だから(笑)
そうだね!たとえ病気になっても、それも含めて自分の人生なんだからうまく付き合っていかないとね。

私も「めし」の看板がある「食堂」が無くなったなあと思う!
かえって、商売が成り立つ都会の方があるのかもね。
そう言えばこっちでは最近、国道沿いに「○○食堂」って、名前に地名の入った食堂をあちこちで見るよ。
一度福岡の市内で寄った時、好きな物を選べるので良いと思ったけど、あれもこれもって欲張ったら結構な出費になっちゃった(笑)
私みたいに食い意地の張った人は要注意の店だ(笑)

車の運転はローカルルールみたいなものがあるから、県外に行く時は気をつけないとね。
こっちは荒っぽいらしいけど、住んでたら自分では分からんね(笑)

うわぁ〜〜!食べるの大好きなpinochikoさんには、災難みたいなお弁当だったんだね(笑)
かわいそ〜〜(笑)

まめは猫トイレの掃除をしてたら、大抵ウンチをし始めるよ(笑)
その間じっと眺めてるんだけど、まめと私は遠慮の無い仲なんだねって、嬉しくなる♪(爆笑)
Commented by pinochiko at 2015-03-29 19:14
canomamaさん、こんにちは!
さすが大阪ですよね、スケールが違う!
便利なのかな、長期入院してる人とか、付き添いの人には。
なんせ待ち時間が長いですからね。
大きな病院に行くと、世の中こんなに病気の人がいるんだと、怖くなります。
普通に生きてることが奇跡みたい。
でも、昔だってそこそこ病気の人はいたんでしょうけど、
気づかないまま、ポックリいっちゃってたのでしょうかね。

大阪では手土産習慣ないですか!安心した!
知ってますよ、年明けの初出勤に振袖着ていた時代があったこと。
今よりもお正月がお正月らしい時代だったのですかね〜。
Commented by pinochiko at 2015-03-29 19:32
tarohanaazukiさん、こんにちは!
自力で動けなくてもやっぱり人間は生きることを自然と必然的に選ぶものでしょうか?
病気を治すために生きて、孫に会うのが幸せ、って言うのなら分かる。
孫のいない私は、一体どういうモチベーションで生き続けるのかなぁ?
ってことを考えても仕方ないのですが、だからって避けてはいけない問題でもあるから、
胸の奥底でうっすらと考えておこう。
うまく付き合える方法、見つかるといいな。

知ってますよ!⚪︎⚪︎インター食堂とかいうお店!
そうなの、結局高くついちゃって気持ち的に満足感が得られないので
あんまり行かないのです。
だったらすき家の牛丼でいいか?ってなっちゃう。
福岡にいるとき、青木堂っていう定食屋に行ったなぁ。今もあるかな?

私も慣れてきて、県外の友人を乗せて運転すると、怖がられます。
福岡で運転するときは気をつけよう〜。怖い怖い。

笑い事じゃないお弁当でしたよ。
お金とっていいの、これで?っていうレベル。
若い職員が平気で食べてるのを見て、
あぁ、歳を重ねると美味しいものが分かるようになるんだな、って思いました。

canomamaさんもですが、みなさん、猫にうんちには何かしら
笑える話がありそうですね〜♪
まめちゃん、平気なんだ。引きこもってたって本当か?あはは!
Commented by ニャンえもん at 2015-03-30 04:02 x
大病院の待ち時間は本当にツラいですよね…
自分も家族の入院・手術が相次いでおり、pinochikoさんの大変さ、とても良く分かります。
そしてお母様のお具合が早く良くなります様に!
第二次ベビーブームの私達が年金世代になる頃、国の財政かなりヤバくなるでしょうね。
自分にも子供や血縁の甥・姪がいないので、先の事に恐怖を覚えます。
これはワタクシ個人の考え方ですが、ある程度の年齢に達したら尊厳死を選ばせて貰えないかな~…と切望しております。荼毘に付す料金は政府持ち。そして永代供養代も!国にしてみれば年金を払い続けるよりも断然楽ですよね。夫婦揃って旅立てたらどんなに良いだろう。
Commented by kyokocat at 2015-03-30 07:50
大病院って予約があって、その待ち時間なんですか?しかも予約時間前に行って受付ってのがびっくり。待ち時間だけでいうと、こちらのER(予約なし)と同じかも。

お弁当が美味しくないと、がっかり感は半端ないですよね。新幹線の中ではずれの弁当を選んでしまった時のがっかり感を思い出しました。結構高い&食べるのが楽しみだったのに!って(笑)。

あはは、うんち、わかりますよー。私もつい最近、1本(きれずに)長いのがあったのでびっくりしていたところです。そして、やっぱり身体の大きいBaileyのほうが、うんちも大きいので、さすが男の子!と思っちゃいます(笑)。
Commented by kyokocat at 2015-03-30 07:55
そういえば。随分前のコメントの返信で聞かれていたことのいつくかの返信なのですが、この場を借りて・・・

*節分の豆→英語だとRoasted Soy Beanという表記が多いです。結構普通ですよね(笑)。

*海外に住んでいると外国人ぽくなる→食べてるものも違うし、服のサイズやデザインも違うので、なんとなく体型も似てくるし、なんとなく顔も外国風になるような?でも、私は自分ではそう思ってなかったのですが、(友達曰く)顔が濃い系なので、オットと顔が似てるそうです(笑)。

*アメリカの確定申告→ソーシャルセキュリティを持っていて扶養されてない人だと申告の義務あり、で、収入がなくても申告種類を提出しないとダメなんですよ。夫婦合同でできたり、申告するものが増えると書類が増えるので面倒です。複雑な手続きにしといて、間違ってたらペナルティーといういじめのようなシステムは、本当になんとかしてほしい(でも、この確定申告をビジネスにしている業界からの猛反対があるので変更は難しそう)。

他にもあったような気がしますが、忘れちゃいました。ごめんなさい。こういうのは、タイムリーに返信しないとダメですね(笑)。
Commented by pinochiko at 2015-03-30 08:35
ニャンえもんさん、こんにちは!
夫婦での尊厳死、画期的なアイデアですね。
そうなの、孫子のいない、お金もない私、将来が不安ですよ。
甥っ子がいますが、近くにいるわけでもないし、そんなに深い絆があるわけじゃないので、
死ぬときだけ面倒見てくれなんて都合のいいこと言えないしね。
今、独り身の人、子どもの居ない人が多いので、これは大きな問題になると思いますよ。
そういう人だけで集まって自助施設作ろうか?
もちろん、皆んなで猫を飼うの!!
Commented by pinochiko at 2015-03-30 08:45
kyokocatさん、こんにちは!
衝撃ですよ。アメリカのほうが病院って混雑してるイメージだったのに。
きっとドラマのERの見過ぎだな(笑)
あれは通常じゃないんだもんね、ははは。
そうなの、予約って何なんだ?という感じですよ、日本の病院は。
もう予約とかいらないじゃんっていつも思います。

体が大きい分、うんちも立派か!うふふ、見てみたい。って変?
猫のうんちをちっとも汚いとか思えないんですよね、もはや。
すごいうんちとか写真をとってブログにアップしたくなるけど、さすがにそれは留まってます(笑)

いろいろ質問にお答えいただいてありがとうございます。
確定申告が、やっぱりいちばんびっくりしたなぁ。
事をややこしくして忙しがって自らの首を絞めるような仕事の仕方、理解できないわー。
それぞれの国で税金に関わる事務って相当違うんでしょうね。
来年は私は医療費還付金の手続きしないとなー。やれやれ。

kyokoさんの顔が濃い系!イメージと違う~。
彫りが深いってことかな。いつか会えると良いですねぇ~。

Commented by chocottie at 2015-03-30 10:45
あれやこれや、ウンウンとうなづきながら読みました。
病院、お疲れ様です。コメント欄にあった尊厳死、わたしももっと尊厳死に自主性をもたせて欲しいと思います。精神の伴わない生活なんて尊厳を損なってますもん。
また来週の雑感楽しみにしてます。
Commented by pinochiko at 2015-03-30 21:05
chocottieさん、こんにちは。
尊厳死を選択できる心身状態でいられるといいですよね。
でも、身体がダメでも、精神がしっかりしている人間が
死んでいくのを見守るのは辛い、というのも分かるのです。
そう簡単には尊厳死って認められないでしょうね。
もし、フクちゃんたちが重い病気になって治る見込みがないとなったら、
安楽死させるのか?っていうのも相当悩むと思いますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2015-03-29 14:09 | 日記 | Comments(11)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko