雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

ぼくも。

ふくにいちゃん、いいな。
b0180494_07031305.jpg
ぼくも。
b0180494_07031332.jpg
いいよねー。
b0180494_07031335.jpg
よいしょっと。
b0180494_07031381.jpg
ふむふむ。
b0180494_07031348.jpg
あぁー、いいね。
b0180494_07031351.jpg
のんちゃん、無理矢理入ってきたね。
重い・・・。幸せの重さだね。

[PR]
Commented by tarohanaazuki at 2014-12-26 08:16
のんちゃん、この時だけはアンタッチャブルなんだよ♪
でも、おかあさんの足が長いから乗りたくなるよねえ(笑)
ばあばのお膝は短くてむっくりしてるから乗っかると落っこちそうなんだって!
Commented by jyuri-woman at 2014-12-26 09:43
いいな~みんなで日向でぬくぬく♪
フクちゃんものんちゃんも可愛い。それはいいとして、
mimakihara.exblog.jpさんお家の中でダウンジャケット着てるの?
 
Commented by kyokocat at 2014-12-26 10:48
ふふふ、おかあさん、嬉しいですねぇ!
のんちゃんが控えめに端っこに座ったのが、フクちゃんとおかあさんのラブラブ時間だってのんちゃんもわかっての行動ですね。

幸せの重さ、約10キロ。・・・なんかダイヤモンド(スイートテンでしたっけ?)のCMみたい?(笑)。
Commented by massimoo at 2014-12-26 17:12
これは両方にとって至福の時間ですね~~pinochikoさん!; )私の義理の姉の家族が施設から猫を引き取りました。写真を見せてもらいましたがとっても可愛い猫ちゃんでこれからpinochikoさんちの猫ちゃんみたいに幸せになって欲しいと思います!
Commented by u-tan1114 at 2014-12-26 18:59
わ~重そうですが、幸せなひとときですね^^
うちのは滅多に乗ってくれないので、羨ましいです。
日向ぼっこも気持ちよさそう~
Commented by pinochiko at 2014-12-26 19:22
tarohanaazukiさん、こんにちは!
私としては膝下の長い足に憧れますが、いかんせん、昭和の女なので膝上が長い(笑)
確かにアンタッチャブルですが、フクちゃんが怒らない限りは良しとしましょう。
Commented by pinochiko at 2014-12-26 19:25
jyuri-womanさん、こんにちは!
そうですよー。うちはこたつしか使わないので、室内もダウン着ます。
だって、室内10度はいかないですからね。慣れれば平気です。
東京の人がダウンジャケットを着ている意味がわかりませんよ!
Commented by pinochiko at 2014-12-26 19:33
kyokocatさん、こんにちは!
そうそう、のんちゃん、珍しく遠慮がちですよね。分かってきたのかな?
10kgぐらい頑張って耐えますよ〜♪
スイートテンダイヤモンドって、あったね〜。素敵なご夫婦がcmに出てた。
当時は10年って長いな、って思ってたけど、実際はあっという間でしたね。
Commented by pinochiko at 2014-12-26 19:34
massimooさん、こんにちは!
あら、そうですか!それはこれからまた楽しみが増えましたね!
いつかお写真を見せてくださいね〜。
世界中の猫ちゃんが幸せで入られますように!
Commented by pinochiko at 2014-12-26 19:37
u-tan1114さん、こんにちは!
フクちゃんは小さい頃からよく胸の上に乗ってくれましたよ。
のんちゃんが来てからは頻度は減ったけど、私がこうして日向に座ると、
やってきてくれます♪
のんちゃんはお兄ちゃんの真似がしたいんでしょうね〜。
Commented by juni38 at 2014-12-26 21:16
pinochikoさんちの幸せの重みは お米の袋くらいの重さですね(笑)
三人?とも 嬉しそうだな~♪
Commented by pinochiko at 2014-12-27 20:59
juni38さん、こんにちは!
そうか。お米一袋か。なんだかリアルだな。
でも、この辺の田舎ではお米一袋といえば、30kgです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2014-12-26 07:07 | | Comments(12)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko