雑記帳~信州の東のほうで。

mimakihara.exblog.jp
ブログトップ

たまの蕎麦 と 関西弁

信州といえば蕎麦、ですが、実際には大晦日を含めて年に数回しか食べません。
値段と味のバランスが私には理解できないのですよね。

GWは県外からの観光客でごった返す信州ですが、
その中でも待つこと必須の蕎麦屋へあえて行ってみました。
案の定、席に座れるまで30分ほど待たされましたがこれは想定内。
ゆっくりと田舎蕎麦を楽しみましたが、やっぱり心の底から美味しいとは思えない。
ごめんなさい。

そんな味についていろいろ考えている中、店に入ってきた観光客らしき一団がありました。
「どれらい待つの?」
あきらかに関西弁です。
「40分くらいかと思います。」
「そんなん待つの?電話番号ゆっといたら電話してくれる?どっか行って来るわ。」
「はい、お電話いたします。」
「うち神戸やで?電話してくれんの?」
ここできっとお店の方には笑って欲しいか、うまい切り替えしが欲しいかというところ
なのでしょうが・・・
信州人には無理ですから!
もう関西弁ってだけでびびっちゃうんですから、うまい返しなんて出来ません。
関西からの観光客の皆さん、どうぞお手柔らかにお願いします!
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pinochiko | 2013-05-05 16:06 | 日記 | Comments(0)

不惑を過ぎていろいろ楽しくなってきました!


by pinochiko